世帯年収800~1000万円、DINKSの生活感 「余裕はある。いつか5000万円のマンション購入したい」

大阪府の30代女性は、医療関係の契約社員として働いており、年収900万円前後。月収は手取りで60~70万円、ボーナスはない。それでも年2~3回のペースで、10~20万円程度の臨時収入がある。現在は、母と実家で2人暮らしをしているため「住居費はかかりません」と話す。

「母に毎月15万円をわたしています。その中から食費や日用品費をやり繰りし、残りはお小遣いにしているようです。光熱費や通信費、その他大きめの出費(家電購入、帰省費用)は別途で出しています」

また、貯金と投資に回せる金額は「毎月30万円」と述べ、残った15~20万円が「私の自由に使えるお金です」という。

「”ちょっといいもの”とか”便利系の割高なコンビニの商品”とかは、気兼ねなく買えます。ディナーにしても1万円くらいなら躊躇なく出せます。実家暮らしは世間的には色々と言われているみたいですが、親の面倒を見ているし、家庭内の役割分担も出来ているので十分だと思っています」

「ちょっとした国内旅行であれば、その場で思い立って出かけられる」

他方、神奈川県の40代男性も世帯年収800~1000万円の一人。不動産・建設系に勤務しており、夫婦共働きのダブルインカムだ。賃貸住宅に住んでいて、子どもはいない。現在の生活については「経済的に余裕があるように感じる」という。

「外食で値段を気にせず好きなものを注文できる。ちょっとした国内旅行であれば、その場で思い立っても出かけられる。いつかはマンションの購入をと考えているものの、2人が理想とする購入価格は5000万円超。この価格帯なら購入できる範囲だが」

男性は購入後の維持費を懸念しており「現在の世帯年収では厳しくなることが予想される」と心配を口にする。そのため、購入に踏み切れない状態がずっと続いているとのことだ。

※キャリコネニュースでは引き続き「【読者投稿】世帯年収800~1000万円のリアル」「【読者投稿】世帯年収1000~1200万円台のリアル」に関するアンケートを募集しています。