「こんな国で子どもを育てたいと思えない」年収1200万円の30代男性に学生が反論「手取り900万円近くもあってどこに支援が必要なの?」

女性は年収400万円世帯を引き合いに出しながら、「年収400万と年収1200万では、稼いでる額が3倍近く違います」と持論を展開している。

「前者は手取りにすると約300万台前半、後者は大体860~900万円。手取りで見ても、かなり違います。これで後者に支援とは、おかしいでしょう。教育にかかる金額は同じなのに『受けられる制度が少ない』と言うのは、そもそも稼いでる金額が違うため差が出て当たり前です」

女性は高収入世帯に対して、「なぜ平等に支援が受けられると思うのでしょうか」と疑問を投げかける。

「支援とは、そもそも支え助けることです。手取りで900万もあって、どこに支援がいるのでしょう?余裕がないなら、日々の出費で削れるところは削るなりして、余裕を持たせるのが普通なのでは。みんなそうしていると思います」

女性は「『こんな国で子育てしたいと思えない』なら、海外に行かれてみてはどうですか」と提案している。確かに女性の見解は客観的かもしれないが、先日の掲載上では語り切れぬ事情もあるだろう。現に年収1000万クラスでも、子育て支援に不満を抱える人たちは少なくない。個々の事情も、それぞれ違う。

「寝ている議員の給料」税金の使い道に不満の声

では女性が引き合いに出した“年収400万円台”の人は、税金に対してどんな不満を持っているのだろうか。栃木県の20代男性「寝ている議員にも、税金から給料が支払われていることに不満」とこぼす。

熊本県の40代女性からは 「ボーナスからも健康保険や年金が引かれるのはおかしい。その月は2回も払うことになるし」といった声も寄せられた。

※キャリコネニュースでは引き続き「税金が高くて怒っている人」【アンケート】オタ活で貧乏な人に関するアンケートを募集しています。

—–

【あわせて読みたい】
世帯年収1000万超の暮らし「レクサスは現金で一括購入」
年収800万円でも“子ども部屋おじさん”の40代男性
年収300万円の50代独身女性の叫び「政治家は底辺の生活を知らない」