30代で年収300万円台という人々の声「実家暮らしなので不自由してない」「自分の能力のなさに、情けなくなります」

女性は年収350万円のフリーランス。実家で暮らしているため「生活費はほとんどかかりません」という。過去に企業で働いていた時に1人暮らしの経験があり、再び実家を出て自活することを考えるものの「金銭面で不安が強いため躊躇っています」とコメントしている。

この女性とほぼ同世代にあたる、茨城県の30代前半女性は、実家を出て1人暮らしをしている。サービス業の仕事で年収360万円を得ているが、

「住宅ローンと車関連で月に約9万円かかるため、老後の資金は心許ないです」

と不安をこぼす。とはいえ「地方の1人暮らしなので、この収入でもそれなりにやっていけます」と、現状の生活はどうにかなっていることも述べている。年収300万円台でも地方に住めば1人暮らしは可能だが、将来に向けて貯金までするのは、なかなか難しいようだ。

「父の年金がなければ貯金も難しい」

流通・小売系の会社で働く京都府の30代前半男性は、年収300万円。「単身なので、変な高望みをしなければ十分にやっていける」という。しかし両親が高齢なことから「介護が必要になった時のことを考えると心配」と打ち明けている。

サービス系の企業に勤務する、大阪府の30代後半女性は年収350万円。年金生活の父と同居しており、父子合算の年収は「550万円くらい」と明かす。

「父の年金がなければ貯金も難しい。個人的には、職場で残業代が出ないことに不満」

ほかには、

「30代前半で年収320万円。多少勉強はできる方だが、公立大学を出ても就職が上手くいかず、収入は低いまま。社会に出てからの自分の能力のなさに、情けなくなります」(男性/愛知県/商社系)
「住宅ローンを支払っていると貯金なんて1円もありませんし、将来が不安です」(30代後半男性/大阪府/正社員/年収350万円)

という声も寄せられた。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」「SNSでトラブルになったことがある人」などのアンケートを実施しています。

—–

【あわせて読みたい】
「妻が専業主婦になったのが痛い」世帯年収600~800万円の男性陣
世帯年収600~800万円のリアル「固定資産税の延滞金がサラ金より恐ろしかった」