赤西仁、”Eternal”を認識していた 「結果ファンと仁とのEternalなんだよ」とツイートしファン歓喜

赤西さんは2012年、女優・黒木メイサさんとの結婚を発表。その際、ファンと見られる人物が掲示板に投稿した内容が注目を集めた。

「デビュー前からのファンだけど別に発狂してないよ」で始まるこの投稿。赤西さんが元々「結婚したい」「子どもが欲しい」と言っていたといい、「こんな奴だけど好きなんだからしょうがない」とし、

「プライベートはメイサが支えればいい。私達は仁の音楽=魂を支えるから。その魂は私から子供へ、子供から孫へと受け継がれていくし、そうやっていつか仁のDNAと混ざり合うから。それがファンと仁とのEternalだし」

と書き込んだ。これが「ファンと人とのEternalだし」という伝説の言葉の誕生だ。

この書き込みが至るところにコピペされ、ファンやネット民の中で広く知られるように。赤西さんのことを「Eternal赤西」と呼ぶこともある。なお「Eternal」は赤西さんが2011年に発売したソロでのファーストシングルでもある。

赤西さんの投稿を受け、ツイッターでは「仁くんからその言葉聞けるとは」「仁がこれを知ってるとは意外だったよー!」といった驚きの声のほか、「エターナルさんも報われたとおもうわ」とこのフレーズの発祥となったファンを思う声も寄せられた。

しかし、赤西さんの「Eternal」ツイートの前後を見ても、特に関連する投稿はなく、「何があったんですか?」とコメントしている人も見られた。