「老けていく自分を受け入れられない」――34歳独身女性の悩みに「生活の仕方によっても違う」という声も

34歳でそこまで老けるのは早い気がしますが、トピ主が「皆さんは年齢をどう受け入れ、どう付き合っているのでしょうか?」と問いかけると、3000件以上のアドバイスなどが寄せられました。

「受け入れるしかないよ。これからが老いの本番だよ?」
「すごいわかる!(中略)私はシミ、シワに目をつぶって生き方にシフトしたよ。もうどうしようもないから!」

などのほか、「30代はそこまでではない」という声も、主に40代以上の皆さんから飛び交います。

「39でもそんなにでしたよ。40過ぎて少し衰えが。45過ぎたらもージェットコースターです」
「40代になるともっと分かりやすく老いてきます。目の下のシワたるみ、白髪…なかなか気持ちが追いつきません」

という声に筆者も同感です。また「美容院、服を整えるは続ける」など、できる限りの努力を促すアドバイスも相次ぎました。他方で「ポジティブな人は若々しく見える」「見た目老けても気にしない、資格の勉強や自分のやりたい事を続けたい」など生き方や心の持ちようを諭す人も。確かにその方が、明るい表情になれそうです。

老け顔、何が影響する?「経済力」「子育て」「お菓子の馬鹿食い」

一方で「30歳を過ぎると徐々にでてくる個人差はなんなのか」と考察する人も多数みられます。「姉が35歳だけどまったく老けてない」と書いた人は「シミシワなんてもちろんないし髪も艶々でサラサラだし体型も出産前からさほど変わってない」として、

「どんな生活してるかによっても違うと思う。姉もその周りの人もだけど裕福家庭が多いなあとは思う」

と感想を漏らしています。確かに「収入の余裕は心の余裕」につながり、歳を取るほど美容代もかかります。悲しいかな、老け方と経済力は無関係ではないでしょう。また「そもそも出産では老けない。疲れているだけ」「自分にかけられる時間が減るから」などと実感を書く人も。筆者も出産は30代でしたが、急に老けた記憶はありません。

トピ主が突然老けた一因には、自身も自覚しているように”お菓子の馬鹿食い”があるのではないでしょうか。オムロンの健康コラムによれば、老化を促進する要因として近年「糖化」が注目されているそうです。

「糖化は、食事などから摂った余分な糖質が体内のたんぱく質などと結びついて、細胞などを劣化させる現象。これが進むと肌のシワやくすみ、シミなどとなって現れます」

とはいえ、遅かれ早かれ訪れる老化。少しずつ受け入れ、健康や精神面の向上を心掛ける方がいいでしょう。まずスレ主には、できるだけお菓子以外の楽しみを見つけてほしいです。