日本人の9割が「日本が好き」と回答 若い年代ほど「アニメ・漫画文化」「和装」に魅力を感じる

日本人の9割は日本が好き

日本人の9割は日本が好き

「日本を好きか嫌いか」を聞くと、「とても好き」(49%)、「まあまあ好き」(42%)と合わせて91%の人が「日本を好き」と回答している。年代別で「とても好き」「まあまあ好き」の合計を見ると、最も高かったのは50代(95%)だった。その後に20代(92%)、40代(89%)、30代(87%)が続いた。

「日本のどんなところが好きか」を聞くと、「治安が良い」(77%)、「四季がある」(77%)、「食(飲み物含む)」(75%)などの回答が上位を占めている。ほかには、「トイレがきれい」(59.8%)という回答もあった。

年代別で日本の好きな部分には差がある。20代・30代での最多は「食(飲み物を含む)」に対し、40代・50代では「治安が良い」だった。年代が若いほど「アニメ・漫画文化」「和装(着物・浴衣など)」が好きな割合が高かった。一方で年代が高い人は、「自然が豊か」「日本人の気質・人柄」「神社仏閣」「伝統のスポーツ(相撲・柔道など)」など、歴史や日本人のメンタリティに魅力を感じる人が多い。

「日本人の性格・国民気質としてあてはまる特徴」としては、「時間に正確」(84.6%)、「勤勉」(83.8%)、「仕事が丁寧」(80%)、「礼儀正しい」(80%)「親切」(80%)などが挙がった。電車の定時運行など、時間感覚の厳しさは日本人の特徴を表している。

「日本人の特徴として好ましいもの」を聞くと、「親切」(99.4%)、「仕事が丁寧」(98.6%)、「約束を守る」(98.4%)などの回答が挙がる。一方「好ましくないもの」を聞くと、「自己主張が苦手」(73.0%)、「集団行動を好む」(53.9%)、「シャイ・奥ゆかしい」(32.2%)などが出ていた。

2020年東京五輪までに改善した方がいいこと「英語は話せる方がいい」

日本人は外国人にどこを勧めたいとおもっているのか。「外国人旅行者におススメしたい日本の観光地」を聞くと、「京都」(70%)、「富士山」(69.5%)、「鎌倉」(48.1%)、「広島」(43.6%)、「金沢」(43%)が上位を占めている。日本的な建造物が豊富で、自然がある場所が魅力だと思っていることがわかる。

2020年には東京五輪が開催され、多くの外国人の来日が予想される。「日本で改善したり対策したりした方がいいと思うこと」を聞くと、「日本人に英語が通じないケースが多い事」(70.5%)、「標識案内に英語の表記がない事」(56.9%)、「公共交通手段の利用方法(乗り方)、料金が分かりづらい事」(43.6%)などが挙がっていた。

あわせて読みたい:日本人の半数以上が他人のSNS投稿に嫉妬