好きな和食メニュー2位「刺身」、3位「天ぷら」 20代では「から揚げ」が上位に入る

みんな大好き和食

みんな大好き和食

「好きな和食のメニュー」を聞くと、「寿司」(78.6%)、「刺身」(71.6%)、「天ぷら」(70.1%)が上位に入った。男性では「うなぎ」や「とんかつ」、女性では「煮物」「炊き込みご飯、まぜご飯」などの比率が高く、好みには性差が見られた。

「寿司」に続く回答としては、男性20・30代では「から揚げ」が続く。女性20代では「から揚げ」のほかに「お好み焼き、たこ焼き」が2~3位にランクインしている。

「和食を食べるシーン、頻度」を聞くと、「夕食」が83.3%。「昼食」「外食」「旅行先」「朝食」が4~5割で続く。頻度を見ると、和食を毎日1回以上食べる人は6割弱だった。

「自宅で食べる和食の準備方法、食べる際の重視点」を聞くと「自分や家族の手作り」が89.1%、「お惣菜、お弁当」「料理の素やあわせ調味料などを利用して作る」の回答が3~4割となっている。重視点では、「栄養バランス」「野菜をたくさん食べる」「価格」「原材料」「季節感」「塩分控えめ」という回答が3~4割で上位を占める。

和食のイメージ「庶民的」「季節感がある」「ヘルシー」

「和食のイメージ」を聞くと、「庶民的」「季節感がある」「ヘルシー」「素朴」が4~5割で上位にランクインしている。「ヘルシー」や「季節感がある」の回答は女性が男性を15ポイントほど上回り、性差が見られる。とりわけ女性50代以上で比率が高い。

和食の魅力について回答者のコメントを見ると、以下のような考えが寄せられた。

・庶民的なものから高級感のあるものまで幅広くある(男性28歳)
・煮込み料理や炊き込みご飯など、野菜と肉、お米が料理の中でバランス良く摂取できること(女性28歳)
・味付けが濃くなくても、だしの旨味などでおいしく味わえるのが魅力(女性41歳)
・和食の素朴な味を少量、多種で楽しめるところがいい(男性73歳)

あわせて読みたい:箸の持ち方=育ち?