「30過ぎて貯金100万も作れない奴はクズ」匿名ブログが物議 「それぞれ事情がある」という批判が相次ぐ

いくら貯まったかな。

いくら貯まったかな。

100万円を高いと思うかどうかは人それぞれだが、投稿者は「たった100万」だと繰り返す。「子供が進学したとか、車が寿命とかで普通に出ていく」金額でもあるし、これくらいの貯金がなければ、病気になったときにも困ってしまう。そして1000万円ならともかく、100万円程度であれば「人それぞれの事情」は関係がない、というのが投稿者の主張だ。

「地方で手取り16万一人暮らしでも、数年で100万貯める人は貯めてるのですよね。(中略)同じ給料で親元で暮らしていても、酒飲んでタバコ吸ってパチンコして借金まみれの人も居ます。要は個人の資質次第なのですよ。少なくとも、たかが100万くらいなら」

この投稿に対して、「社会人でなら即100万用意出来ないって辛い」「社会人経験それなりに積んでそこまで貯金ないのはどんな理由であれ少し問題あるとは思う」と投稿者に賛同する人も多かった。社会人なら、不測の事態に備えて貯金をしておくべきだ、ということだろう。

「額面月給20万で賞与なくて都会でひとり暮らしだと、100万貯金とか本当に無理」

一方で、「それぞれ事情がある」と批判する声も上がっていた。

「人によってスタートラインはバラバラなんだよ。進学できない人も、奨学金の返済に追われる人も、親や兄弟を仕送りで支える人も、病気で全力で働けない人も」

投稿者は「100万の貯金がなければクズ」と理由を問わずに切り捨てていたが、「たかが100万」でも様々な事情から貯蓄できないことはある。

中には「額面月給20万で賞与なくて都会でひとり暮らしだと、100万貯金とか本当に無理」というコメントもある。確かに、手取り20万円で月に6~8万円の家賃を払っていると、毎月数万円程度しか貯金できない。100万円に到達するのに2~3年はかかるだろう。

しかし、こうした事情についても投稿者は「何年月収20万のままで暮らしてるのさ。その暮らし方がすでに信用ならないって話だよ」と納得がいかないようすだ。

もっとも、統計データを見ると単身世帯の半数近くが貯蓄を全くできていないのが現状だ。2016年の「家計の金融行動に関する世論調査」によると、貯蓄がない単身世帯の割合は、2007年から徐々に増大し、2016年には48.1%に上っている。

最近は非正規で働いている人が増えている上に、正社員でもボーナスが出ないケースも珍しくない。大阪シティ信用金庫が6月に発表した「中小企業の夏季ボーナス支給状況」によると今夏、ボーナス支給がなしと回答した中小企業は約4割にもなった。ボーナスがなければ貯金のハードルは一層上がるだろう。

投稿者は一連の反応を受けて7月24日、「100万貯金無い人はやはり社会人じゃない」を投稿。「凄く大きな事を成し遂げたいのなら、生まれ育ちや素質、環境なども左右する」かもしれないが、「たかが100万円」の貯金もできないのは「単純に、あなたが到達する気が無いだけ」と持論を繰り返した。

キャリコネニュース編集部では、編集記者・ライターを募集しています。