新卒売り手市場で企業の「採用難」続く 上場と非上場で大きな差「2019年の採用見通しも依然厳しい」と予測

インターン実施企業は過去最多になりました

インターン実施企業は過去最多になりました

調査は9月から10月初旬にかけて実施。上場企業274社、非上場1964社、合わせて2238社からの回答をまとめた。

全体の採用充足率は、前年と比べて4.7ポイント減り83.0%。採用が難しい状況が続いているが、上場は(95.3%)、非上場(77.8%)を17.5ポイント上回っている。学生に有利な売り手市場ならば、大手に集まるのは当然の結果だろう。業界別で見ると、「金融」(98.0%)が一番高く、「サービス」「インフラ」は69.5%と、苦戦した様子だ。

また、「内定者数の不足(63.6%)」を理由に半数以上(51.7%)の企業が「採用を継続する」と回答している。「良い人材がいたら追加採用したいから」(37.1%)、「内々定辞退の補充」(20.7%)との理由を見ても、積極的に人材を補充したい姿勢がうかがえる。

しかも、予定数に未たない場合の対策として「中途等の即戦力で補充」が最多の54.0%を占め、転職を狙う社会人経験者にもチャンスが多い時期といえそうだ。

「採用難が続く」と見るも、およそ2割は「採用数を増やす」

「2019年卒の採用の見通し」を訊くと、7割以上が「厳しい」と回答。来年度も採用は厳しい状況が続くと予測している。

だが、厳しい状況の中でもさらに採用を増やす考えの企業は2割ほどある。2019年の採用数を「増やす」と答えた企業は前の年と比べて0.4pt減ったものの18.0%で、「減らす」(9.3%・前年比0.6pt減)を上回っている。同調査は

「2018年卒で目標に達しなかった分を、次年度で取り返そうという姿勢がうかがえる」

と分析している。

今年だめだった部分が「来年も厳しい」と予想するなかで補えるとは考えにくいが、ただ手をこまねいているわけではない。採用活動の一環として「インターンシップ(職場体験)」を実施する企業は56.7%と調査開始以来過去最高に。時期は2月が最多で、次に8月が多いという。

インターネットを利用し動画やオンラインで説明会を行う「WEBセミナー」の実施率は、全体で1割ほど。上場企業に限ると4社に1社が実施している。メリットとして「場所(距離)時間・会場のキャパシティを選ばない」ことがあげられ、地方の学生を採りたいなら必須になっていくのではないだろうか。

企業は社内の若返りも図っているのだろう、確実に採用への意欲が高まっている。なお、採用活動の終了時期(予定含む)は、6月~9月にかけてがピークで、「12月」と答えた企業も多いという。同調査では「今後活動を継続する企業は、年内に採用活動を終了することを視野に入れていると思われる」と補足している。採用側も年内が勝負のようだ。

※ウェブ媒体やテレビ番組等で記事を引用する際は恐れ入りますが「キャリコネニュース」と出典の明記をお願いします。

キャリコネであの有名企業の「働きがい」「年収」「残業」の実態を見る