完食を強要する「給食ハラスメント」の相談が急増 教師の過剰指導が原因で不登校になるケースも

無自覚で”給食ハラスメント”をする人も

無自覚で”給食ハラスメント”をする人も

相談内容としては、保育士・教員に無理やり食べさせられるなどの給食指導を受けた子どもが、余計に悪化して食べられなくなった、というものが多い。中には、学校給食が原因で不登校になってしまった子どももいるという。

「例えば、班の全員が残さず食べられたらシールがもらえるという取り組みも、食べられない子からすればプレッシャーです。同級生から『なんで食べられないんだ』と責められる。生き地獄ですよ。登校拒否に繋がるケースもあります。他にも、食べられない子には別室で食べさせる学校もあるようです」

このようなことが起こる理由として、教員も昔、同じような完食指導を受けてきたからではないか、と指摘する。さらに教員側の理解不足を挙げる。

「食材の栄養や、残さず食べようなどの食育教育の研修は多いのですが、そもそも給食”指導”の研修はないんですよね。手引きはあっても具体的に『こういう子にはこのような給食指導をしましょう』という指針はないようです」

実際、給食関係の相談者のうち2割は教員で、「あまり食べられない子にどのような指導をすればいいのか分からない」「いままで無理やり口に押し込ませていたが、これでいいのだろうか」などという悩みも寄せられているという。

悪化すれば「会食恐怖症」になりかねない 給食を避けて定時制高校に進学する人も

では、子どもが給食ハラスメントを受けていた場合、親はどうすればいいのか。対処法のひとつには、やはり親が教員に直接「こういう理由で食べられないので控えて」と伝えることが挙げられる。

しかし一番は「家庭内でのフォロー」が重要だという。家庭での食事も含めて「無理やり食べさせない」「食べても褒めない」「みんな一緒だと考えない」の3つの”ない”が大切だと話す。

「先生の中には、一人ひとりの食べるスピードや胃袋の大きさを考慮せず、給食指導をする人もいます。でもそれって体罰みたいなものですよね。だから先生と一緒になって怒ったり励ましたりするのではなく、特に親御さんには『子どもの味方』でいてほしいんです」

完食を褒めることは同時に「食べられないことはダメなんだ」と思わせることにも繋がる。給食が食べられないのは不安障害が原因になっているケースもあるため、プレッシャーでより悪化するケースもある。

「もちろん、親や先生が『子どもの食べている姿をちゃんと見ている』ということは重要です。だから声をかけるにしても『えらい、すごい』ではなく、『一杯食べたから元気が出るね』『野菜食べるとキレイになるんだよ』という方が、気楽に食べられるのではないでしょうか」

山口さん自身、かつて人前で食事をすることに恐怖感を覚える”会食恐怖症”だった。給食ハラスメントは会食恐怖症につながる可能性があるという。一番つらかったことは「周りに話しても理解してもらえないこと」だそうだ。

また寄せられた相談の中には、「人前で食べるのがつらいから午前だけの定時制高校にしか進学できなかった」という人もいると話す。

「会食恐怖症が原因で夢や目標を諦めることだけはしてほしくないですし、給食ハラスメントを受けている人に『気にしなくていい』と言いたいです。でも、やはり中々理解はされ難い。今後は、食育が栄養バランス以外の面からもアプローチされれば、と思います」

※ウェブ媒体やテレビ番組等で記事を引用する際は恐れ入りますが「キャリコネニュース」の明記をお願いします。

 

キャリコネであの有名企業の「働きがい」「年収」「残業」の実態を見る