USJ、ハロウィンアトラクション高額転売で「転売チケット利用不可」ツイート 「QRコードを無効化している」と警告

画像はツイッターをキャプチャ

画像はツイッターをキャプチャ

そもそもUSJには「入場券」と「場内で使用できるチケット」があり、事前に手に入れる場合、入場予定日や体験時間を選択して購入する。もちろん当日券もあるが、人気アトラクションチケットはすぐに売り切れるため、事前に購入する人が多い。

「ホテル・アルバート」の完全体験パスについては、「事前販売で売り切れの場合は、販売はありません」となっている。もし「キャンセル枠」があれば完売してもチャンスがある、と思うのも最もだ。しかし同広報担当者は、

「これをやってしまうと、転売屋の商売を補償してしまうことになるんです。例えば転売屋が事前に大量購入した日時指定チケットが売れなくても、USJにキャンセル申請をすれば損失はゼロになりますよね」

と説明した。これがキャンセル・変更を受け付けない理由だ。

現在、転売対策として同社は、転売チケットを追跡して特定しQRコードを順次無効化している。そのため転売者から購入したチケットでは、入場・使用ができない。

「USJは2015年11月からこのような対策を行っており、アトラクション待ち時間を短縮する『エクスプレス・パス』の転売はほぼなくなりました。しかし『ホテル・アルバート』の完売から転売屋が目をつけ、高額出品しているのだと考えています」

そのため再度、チケット転売禁止を呼びかけるためにツイッターに投稿を行ったという。

「私達はいらっしゃるゲストの方が誰一人不利益を被らないように、チケット転売撲滅に尽力しています。『やむを得ずに行けない場合のため、キャンセル可能にしてほしい』という声も受け止めておりますが、ご理解いただければと思っております」

今後も「引き続き転売チケットのモニターサーチを行い、是正していく」という。