「慶應卒&実家は病院」 何不自由なく育ったベンチャー企業代表が起業家を志した理由

起業のキッカケをつくってくれた上場企業創業オーナーと(写真左から3人目が芦川)

起業のキッカケをつくってくれた上場企業創業オーナーと(写真左から3人目が芦川)

実家の病院を継ぐことを選ばず、起業家を志した株式会社ハッピーズ代表取締役・芦川泰彰。医者の道に進めば一生安泰であったはずの芦川が、なぜあえて波乱万丈な起業家への道を選択したのか。未来を動かすきっかけとなった「ホンモノとの出会い」と、創業までのストーリーを語ります。【PR Tableで読む】

上場企業の創業者が教えてくれた「起業のススメ」