元ニートたちが居酒屋を運営「プレ経営者」の取り組み始まる 「持たざる人が持つ人から奪うための一番ちゃんとした方法が飲食」

2月4日から店舗で働く内村さん(左)と渡邊さん(右)

2月4日から店舗で働く内村さん(左)と渡邊さん(右)

若者のキャリア支援を行うNPOキャリア解放区は、「ヒノマル食堂」を運営する和僑ホールディングスと提携し、新卒・既卒者向けのキャリア支援サービス「プレ経営者」を開始する。

2月4日、新橋駅から徒歩3分の場所に「ヒノマル食堂」とフランチャイズ契約を結んだプロジェクト第一号店をオープンするのに先立ち、1月29日、メディア向けの内覧会が行われた。このプロジェクトでは、元ニートやフリーターの若者が、チェーンの飲食店で業務委託を結んで働き、経営手法を学ぶ。

キャリア解放区代表の納富順一さんはこれまでも「就活アウトロー採用」などで、ニートやフリーターの就職支援を行ってきた。過去6年で約600人の若者が正社員として就職していく中で、正社員以外の出口もあるのではないかと考え始めたという。和僑ホールディングスの高取宗茂会長兼ファウンダーがこの考えに意気投合し、取り組みが始まった。

「学んでもらえれば、十分、我々よりもお金持ちになれる」