「おかげさま」と「まだまだやろ」――お寺生まれのバンドマン内定者が大切にする想い

僧侶としての一面もある鷹野

僧侶としての一面もある鷹野

「どのシチュエーションであれ、全員におもしろいと思ってもらえるためのアプローチをすごく考えます」
この自己PRを書いたのは、内定者の鷹野翔太です。高校生の頃からバンド活動に励む鷹野は内定者きってのムードメーカー。そんな鷹野が大切にする言葉に込められた想いとルーツに迫ります。

「おかげさま」――お寺に生まれたからこそ大切にしている言葉