クレジットカード、結局どれにすればいいの? 編集部が厳選した人気カードの特典を徹底比較

card_reader_swipe_woman

ビジネスパーソンならば平均2~3枚は所持しているクレジットカード。お得にポイントを貰える高還元率カードや、旅行保険やラウンジサービスなどが付いたカードまでそのサービスは様々ですが、それぞれの場面に応じて使いこなしたいもの。キャリコネニュース編集部が人気のクレジットカード6選を徹底比較しました。

JCBの高還元カード「JCB ORIGINAL SERIES」

日本唯一の国際カードブランドとして支持を得ているのがJCB。中でも「JCB一般カード」と「JCBゴールド」は特に高還元です。「JCB一般カード」は初年度年会費無料、翌年以降も利用合計金額に応じて無料になる特典があります。旅行傷害保険も充実しています。

「JCBゴールド」は「JCB一般カード」の機能に加え、海外旅行傷害保険や空港ラウンジサービス、グルメ優待サービスなどが利用できます。2年連続で100万円以上利用すると、さらにランクの高い「JCBゴールドザ・プレミア」やプラチナカードに相当する「JCBザ・クラス」への招待が受けられます。

ちなみに、「JCBザ・クラス」はコンシェルジュサービスなども付いた最高峰のカード。プレミアムラウンジを利用できたり、カタログギフトが付帯されるサービスがあるのですが、一般的な申し込みは受け付けておらず、「JCB ORIGINAL SERIES」を使い続けることで招待が受けられるカードです。【→お申込みはこちらから!】

高還元でポイントをザクザク貯めたいなら「OricoCard THE POINT」

0325cc1

「旅行にはあまり行かないから、海外旅行保険やラウンジサービスは必要ない。とにかく、高還元率で!」という方には「OricoCard THE POINT」がオススメ。還元率はいつどこで使っても、ショッピング100円につき1オリコポイントが貯まり常に1.0%以上。さらに、条件を重ねることで最大2%にもなります。

入会後半年間はポイント付与が2倍になるだけでなく、オリコモールを経由してショッピングをすると、通常のオリコポイント獲得分に加えて、0.5%分が特別に加算されます。

さらに、「OricoCard THE POINT」にはiDとQuicPayの2つの電子マネー機能が付いています。コンビニや自動販売機など小額決済の場面ではiDとQuicPayを利用すれば、キャッシュレスでサッと会計が可能。1枚持っているだけで、ほぼキャッシュレスを実現できるのは嬉しい限りではないでしょうか。【→お申込みはこちらから!】

家電の購入とSuicaの合わせ技「ビックカメラSuicaカード」

0425bicそして、なんと言ってもその真骨頂はビックカメラで家電を購入するとき。ビックカメラで利用すると基本10%のビックポイントが付与されます。コジマで利用すると現金払いと同率のビックポイントが付与されます。ビックカメラでのクレジットカード払いのビックポイント付与率は通常8%ですが、このカードを使うだけで2%も還元率が上がるのは驚異的。ビックカメラは家電だけでなく、生活用品や医療品、果てはお酒まで取り扱っていますから、使い方次第では非常にお得になります。【→お申込みはこちらから!】

年会費無料で根強い人気の「ライフカード」

年会費無料のクレジットカードで根強い人気を誇っているのは「ライフカード」です。特筆すべきは、そのポイントプログラム。カードの利用1000円ごとに1ポイント貯まるLIFEサンクスポイントですが、誕生月は誰でももれなくポイント3倍になり、還元率が大幅にアップします。さらに、カードの入会後1年間はポイント1.5倍になるなど、ポイント倍増サービスを上手に活用すればポイントがどんどん貯まります。

いくつになっても誕生日は嬉しいもの。誕生月に合わせて、まとめた大口の買い物をするようにするとそのお得さを存分に教授できます。年会費無料なので保有していて損することはナシ。財布に1枚入っていると頼もしいはずです。【→お申込みはこちらから!】

クレディセゾンのスタンダードな一枚「セゾンカードインターナショナル」

0325cc3

同じく、年会費無料のカードで不動の支持を得ているのが、クレディセゾンの「セゾンカードインターナショナル」。クレディセゾンのポイントプログラムは永久不滅ポイントです。「セゾンカードインターナショナル」では日々のお支払い1,000円ごとに永久不滅ポイントが1ポイント貯まります。毎月第1・第3土曜日は西友、LIVINでお買い上げの商品が5%OFFに。セブンイレブンではnanacoポイントと永久不滅ポイントの2つのポイントを貯めることができます。

ポイントの有効期限はその名の通り有効期限がない「永久不滅」。有効期限を気にすることなく、買い物でポイントを貯められます。西武百貨店だけでなく、西友・リヴィン・サニーといったスーパー、そしてセブンイレブンでポイントが貯まるので普段使いにもってこいです。【→お申込みはこちらから!】

年会費無料で海外旅行保険もついている「エポスカード」

クレジットカードで人気なのはやはり年会費無料であること。無料ながらも付帯サービスが充実しているカードは愛好者も多く、その筆頭が「エポスカード」。マルイやモディで年4回開催されるキャンペーン「マルコとマルオの7日間」では、ほとんどの商品を10%OFFで購入が可能になります。

そして、「自動付帯」の海外旅行保険もついているのもポイント。通常、クレジットカードの海外旅行保険は「利用付帯」で、航空券のチケットやホテルをそのクレジットカードで決済しないことには保険は利用できません。「エポスカード」は「自動付帯」なので、所有しているだけで海外旅行保険が利用できる優れもの。ユーザーにとっては非常にメリットの多い一枚です。

「エポスカード」を使い続けると年会費無料で使える「エポスゴールドカード」への招待が届くことがあります。ポイント還元率が1.5%にアップした上に、空港のカードラウンジが使えたり、海外旅行保険の内容がさらに充実しています。年会費が無料で利用できるゴールドカードはなかなか少ないので、気になる方は候補に挙げてみては。【→お申込みはこちらから!】

クレジットカードは用途に応じて使い分けを

年会費無料のクレジットカードには、カード毎にさまざまなメリットがあります。いつも同じカードを使うのではなく、家電量販店や百貨店などシーンに応じて使い分けたり、シーズンに合わせてポイントプログラムを見極めて使うと、より多くのポイントを得られて高還元に。また、使い分けることで賢くお得に買い物が可能になります。是非、快適な買い物ライフを!