退職を決意した瞬間「君が代独唱を強要」「俺より先に帰るとか何考えてんの?」「100時間残業してるのに仕事を増やされた」

技術職として働く30代男性は、「あり過ぎてひとつに絞れない」と元勤務先のブラックぶりを明かす。

中でもショッキングだったのが、入社翌日に会社の合併が発表されたことだという。事前に説明はなく、面接時に決めた待遇は「合併後にひどいものに変わりました」と嘆く。ブラック上司からの「あからさまなえこひいき」も頭痛のタネだ。

「上司の隣で寝るかスマホでゲームをしているかの部下は大目に見るのに、遠くに座っている私に難癖をつけることが何十回もありました」

ほかにも、「俺より先に帰るとかなに考えてんの?」「21時まで働いて当然だろ!」など自分の考えを押し付けられた。入社後1年経っていないのに「自宅待機かつ給与の大幅減額」となったという。男性は「二度と関わりたくない。早々に潰れて欲しい」と綴る。

営業職の20代女性は、自身が関わっている案件で会社に損失を与えてしまった。上司に報告すると、「営業のお前の責任だ」と全面的に悪者にされてしまった。

「この仕事には複数が関わっていたのに、上司は全責任を私になすりつけました。他の関係者は素知らぬふりですよ。悔しくて涙が止まらなくなり、『何が営業だよ!辞めてやる!』と思い、本当に辞めました」

求人票は「交通費支給、年休あり」しかし実際はなく「これ以上言っても無駄」

管理・事務職として働いていた30代男性は、毎月100時間超の残業をしているのに、仕事を増やされたという。さらに、社員が仕事に熱意がない点も退職を考えるきっかけとなった。

「落ち目の業界なのに社内には危機感がなく、誰も挑戦しないし、成果を出そうともしません。その環境でも、私はシステム導入や制度の再設計を行い改善を試みました。でも評価されるどころか、仕事を増やされ、給料は上がらずですよ」

男性は「まだ転職しやすい年齢のうちに、転職しました」という。販売・サービス業に従事していた40代女性は、ハローワークから紹介された企業に正社員として入社した。しかし数か月経っても社会保険に加入されず、時給月給制のまま。

求人票には「交通費支給、年休あり」と記載されていたが実際にはなく、会社に不信感を抱いた。決定的だったのが、転居時の交通費を請求した際の対応だ。「社長と総務の間を行ったり来たりするだけで、いつまで経っても話が進まない」と、これ以上言っても無理だと退職に至った。

キャリコネニュースでは引き続き「退職を決意した瞬間」のエピソードを募集しています。