人気YouTuberがヒカキンのダウンタウンなう出演に苦言 「いつまで経ってもYouTuber=金の話」

番組については「ヒカキンの豪邸紹介に毛が生えた用なもの。浜ちゃん松ちゃんとちょっと飲む。浜ちゃん松ちゃんは面白かった」と評する。番組見た、ヒカキンさんの豪華な家に浜田さんが土足で入ろうとしたり、松本さんは300万円のワインをこぼしたりして笑いを誘った。

シバターさんは、

「芸人の仕事をきちっとやって、きちっと笑いを取っていく。そこの部分はさすがプロだなと。ヒカキンは笑いを取りに行こうともしてなかったし、ただ土下座して『ははーっ僕は面白いこと言えないんで好き勝手料理してください!ただお金は出します!』みたいな感じ」

とダウンタウンの二人を評価するものの、「ヒカキン発信のもので笑うものはなかった」と指摘。ただ、だからダメという訳ではなく、ヒカキンさんが自分を主張せずにダウンタウンにいじられるがままだったことについて、

「テレビ的にも使いやすいだろうし、ダウンタウンとしても調理しやすいだろうし。でもちゃんと視聴率、数字持っていくというと所で、ああいうのが使いやすいんだろうなって」
「さすがヒカキンというべき立ち回り。面白くともなんともなかったけど、うまくやってんなあって感じの感想でした」

と評価している。

「『こんな面白いことやってる人いるの!?』じゃなくって『どんだけ儲かってんの?』」

画像はYouTubeをキャプチャ

画像はYouTubeをキャプチャ

しかし、「ただね、言わせてもらおう。ヒカキンつまらんて」といい、テレビでのYouTuberの扱いについて苦言を呈した。

「YouTubeってテレビで金持ちってイメージしかないじゃん。『こんな面白いことやってるYouTuberいるんですか』じゃなくって『YouTuberって儲かるんでしょ?どんだけ儲かってんの?』。今回のダウンタウン見た人も『YouTuberってこんなすごいお家に住んでんの?』って視聴者が気になるお金のことを掘り下げるような感じの番組作りだったじゃん」

続けて、「そろそろ進んでいいんじゃないの?いつまで経ってもも金の話じゃん」とコメント。

ヒカキンさんのようなお金のある人畜無害な人間ではなく、「パンチが効いてて『YouTuberにもこんな面白いやつがいるのか!』っいう感じのやつ」がYouTubeやテレビで暴れることを待っているという。シバターさんは、

「ヒカキン、あんな薄味でなんも出来ないやつがテレビ見て『我YouTubeの帝王なり』みたいな顔してるのが許せねえと思いました」

と動画を締めくくった。