【セミナーリポート】天災などのBCP対策として注目されるテレワーク。2020年に向けて東京都が取り組む補助金などの導入支援とは?

1

先日、各地を襲った台風の際に、多くの企業が在宅勤務や時差勤務の対応をした事が報道されましたが、そういった天災時の対策も踏まえ、テレワークへの注目度が日に日に増しています。また、「働き方改革」における労働参加率・生産性向上の施策や、東京2020オリンピック・パラリンピック開催中の通勤混雑対策として、国や東京都が中心となって、テレワークを推進しています。

このような行政の推進もあり、テレワークを導入・検討をする企業も増え、その必要性が高まっています。しかし、導入に対して課題を抱える中堅・中小企業が多いのも事実です。そんな企業に対して、東京都の無料で受けられるコンサルティングや助成金・補助金制度があることはご存知でしょうか?

この支援制度の活用方法やテレワークの進め方についてご紹介する、東京都「ワークスタイル変革コンサルティング」主催の『テレワークができる環境を整えよう!~補助金「はじめてテレワーク」活用方法セミナー』をリポートいたします。

今回、セミナー講師を務めたのは、ワークスタイル変革コンサルティング事業でコンサルタントを務める森啓亮(以下、WS森)です。

2

セミナーの参加者は、企業の人事や総務担当者が多く、過半数がこれからテレワーク導入を検討している方たちでした。

第1部:テレワークは難しい!?「思い込みの壁」を作っていませんか?