新型コロナ、ドラックストア店員を困らせる高齢者「マスク在庫なしでも毎朝長蛇の列」「いつも同じ顔ぶれ」

神奈川県の40代女性は「毎朝長蛇の列! しかもマスクはないのに並んでいる」という。店舗側もマスクの品薄対策として「ご家族様1つ限り」といった告知をしているが、年配者の中には孫を連れてまで買い占めようとする人がいるという。

「バレバレなのに『家族じゃない』と言い張る。モラルがない!」

大阪府の40代女性は、ここ最近の勤務状況を振り返る。マスクの行列に追われること1か月、そして先日の紙製品品薄におけるデマ。仕事量は倍増し毎日がクタクタだという。それなのに連日、店舗で目にするのは、

「行列に並ぶ同じ顔ぶれの高齢者。いったい何なんでしょうか。綺麗な使い捨てのマスクをしながら、ストック用のマスクを買うために3時間もおしゃべりしています。外出を控えるという考え方はないのでしょうか」

女性は「本来必要としている、いつまで持つか分からないマスクをして、通勤や通学をしなくてはいけない人の方が確実に多いはずです」と憤る。そんな日々で「帰宅すると方針状態。夕方の主婦業に支障が出ています」とこぼしている。

「売り場にないのを確認したにも関わらず聞いてきます」

岐阜県の40代女性は、年配客の身勝手な態度にしびれを切らす。店頭や店内にはマスクが品切れで、入荷の見通しは立っていない旨を貼り紙で伝えている。若い世代の客はそれを見て判断し、わざわざ店員に問い合わせることもないという。ところが、

「50代以降のお客様は貼り紙も見ず、まず店員にマスクの有無を聞いてくる方がほとんどです。まして売り場にないのを確認したにも関わらず聞いてきます。『聞いたら出てくるのか!』と言いたいです」

と心境を明かす。さらに女性は、「よく年配の方は『最近の若い子は』と言ったりしていますが、私に言わせたら『最近の年寄りは』と思うほど自己中なお年寄りが多いです」と持論を述べ、

「マスクの問い合わせで作業の手が止まるのに、ほとんどの方が何も買わずに帰ってくのもどうかと思います。正直、毎日がイライラとストレスだらけです」

とも綴っている。

栃木県の40代女性は、会計の際に指を舐める年配者に難色を示す。財布から金銭、クーポン券やポイントカードなどを取り出す際に「指を舐めるのをやめてほしい!」という。

「酷い方だと、わざわざマスクを外してまで指を舐めています。何のためにマスクをしているのか分かりません」

※キャリコネニュースでは引き続き【新型コロナ】ドラッグストア・スーパーで働いている人の声募集「ウチの会社のホワイト自慢」に関するアンケートを募集しています。