「満員電車が憂鬱」「ずっと在宅でよかった」テレワーク→通常出社に戻した職場に愕然

現在も新型コロナウイルスの脅威がなくなったわけではない。都内ではいまだに感染者が報告されており東京アラートも発動した。油断をすれば感染が一気に広がってしまうおそれもある。

事務・管理業務に従事する40代女性は、「この状況であるにもかかわらず、勤務先は出社率100%に戻した」ことに不満を抱いている。緊急事態宣言発令時の対応は良かっただけに、いきなり全員に出社を命じたことのギャップに驚いている。

「感染の可能性もゼロではないので、ちょっと100%出社は、怖いと思ってしまいます。 他部署だけでもテレワーク推進して通勤ラッシュ緩和に務めてほしいです」

マスコミ系の仕事をする30代女性も、「そもそも会社に来る必要性がないようにシフトしていけばいいのに、元の体制に戻そうとするのはおかしい」といい、勤務先の方針に不満を抱いている。

「同僚と一緒に仕事したくない。仕事が嫌というより、人間関係が嫌」

感染リスクがあるにもかかわらず、企業が通常出社に戻してしまう背景には「働く=オフィスに出社」という先入観があるのだろう。冒頭で紹介した声のように、家でできることならわざわざオフィスでする必要はない。

サービス業の50代女性も、「今まで在宅ワークができていたのだから、そのままの働き方を推し進めるべきだと思う。わざわざ昔ながらの働き方に戻さなくても……」と残念そうだ。実際、通常出社に戻って、

「在宅勤務でも仕事はできたのでずっと在宅が良かった。出勤すると上司の顔色を伺うので」
「もう通勤したくない。というより、同僚と一緒に仕事したくない。仕事が嫌というより、人間関係が嫌だから」

など、職場にいる苦手な人たちと直接会わなくてはならない状況が嫌で仕方ないと訴える声も挙がった。

都内では東京アラートが発動された通り、依然として新型コロナは猛威を奮っている。今後は第二波が起こるとも言われているので、企業は働き方を見直す時なのではないだろうか。

※キャリコネニュースでは引き続き「テレワークから通常出社に戻って思うこと」「【読者投稿】世帯年収1000~1200万円台のリアル」に関するアンケートを募集しています。