世帯年収1200~1500万円の生活感「貯金2400万円。ゆくゆくは7000万円程度のマンション購入を検討」

世帯年収1300万円の30代前半夫婦は、最近「戸建のローンが終わりました」という。夫婦ともに会社員として、夫が年収800万円、妻が年収500万円を得ている。

「子どもはいません。ローンの返済中は、夫の給料をそれに当てていました。その間の生活費用は、妻の給料を使っていました。投資などはしていません。生活は質素です」

20代後半夫婦は、共働きで世帯年収1200万円。もうすぐ第一子を出産予定だという。現在は地方の政令指定都市に住んでおり、貯金は2400万円。ゆくゆくは7000万円程度のマンション購入を検討しているという。

「共働きなので、立地の希望は通勤に便利な街の中心部に住みたいです。将来的には子どもを2人産んで4人家族を目指しています。80平米以上の広さはほしいと思っています。ローン返済は、計算上では問題なくできるはずです」

とはいえ、そのマンションは地元でも高額物件として知られているため、親からは「高すぎないか」と心配されているという。ただ夫婦には、

「将来的な年収は、おそらく40歳で夫が850~950万円、妻が700万円程度になるかと思います。ちなみに妻は現在、産休・育休と合わせて1年半で職場復帰予定です」

という。また「お金のかかる趣味は特にありません」といい、それでも「3年に1回くらいは海外旅行に行きたいと思っています」という。現在の慎ましい生活感であれば、マンションのローン返済も問題なさそうだ。

「月々の住宅ローンの返済額は、管理費なども込みで22万円くらい」

航空業界で働く30代後半男性の年収は1300万円。妻は専業主婦をしており、2人の子どもは小学校と幼稚園に通う。1馬力で3人の家族を養いながら、貯蓄は「1000万円です」という。

内訳について「自己預金のほか、学資保険や積立保険、iDeco(個人型確定拠出年金)などです」と綴る。そんな男性だが、

「32才までは下積みのような感じで、その時点での貯金ほぼゼロ。年収1300万円は、ここ数年のことです。ちなみに今年から昇進に伴い年収2000万円を超える予定でしたが、コロナのせいで今年も去年と同じくらいの収入に落ち着きそうです」

という。現在は2700万円で購入したマンションに住んでいる。ローン返済額の残りは2000万円だが、

「少し手狭になってきたので、数年以内にはがっつりリフォームをするか、一軒家を購入予定です」

という。またマンションは駅から徒歩1分の立地にあるため、「おそらく買値くらいで売れそうです」と綴っている。

ほかには、

「年収は自分が750万円、妻が450万円。子どもは1人。車はない。月々の住宅ローンの返済額は、管理費なども込みで22万円くらい。そのためお金に困るほどではないけど、余裕があるという暮らしでもない」(世帯年収1300万/30代後半男性)

といった声も寄せられていた。

※キャリコネニュースでは月々の食費について年収1000万円以上で激務の人に関するアンケートを募集しています。