電通国際情報サービスの平均給与はいくら? これだけもらえる優良企業

これだけもらえる優良企業の社員

これだけもらえる優良企業の社員

上場企業の財務諸表から待遇を探る「これだけもらえる優良企業」シリーズ。今回は、ユーザー系システムインテグレーター大手の電通国際情報サービス(ISID)を取り上げます。

社員の平均年収は993.9万円

最新データ(2019年12月期)によると、電通国際情報サービス(ISID)社員の平均年間給与は993.9万円。前期より約98万円も増えています。

  • 2016年12月期:972.9万円
  • 2017年12月期:897.7万円
  • 2018年12月期:896.0万円
  • 2019年12月期:993.9万円

この額には、賞与や基準外賃金(手当など)も含まれています。

企業口コミサイト「キャリコネ」への投稿によると、36歳男性エンジニアの年収は950万円。月給は基本給35万円に役職手当が8万円、時間外手当が7万円つきます。定期賞与は年2回で計340万円、決算賞与が10万円支給されています。

社内にはマッサージルームがあり、保養所など電通グループの福利厚生サービスを受けることができるとのことです。

2020年12月期第2四半期決算は、売上高が前年同期比で11.9%増、営業利益が同31.5%増と好調です。

これは、電通グループの基幹システムの大型更改があったことや、電通グループとの協業による顧客のDX支援ビジネスが拡大していることなどによるもの。引き続き業績が伸びれば、平均年収が1000万円の大台に乗る日も近いかもしれません。

社員の平均年齢は41.1歳

次に従業員数と平均年齢、平均勤続年数(ともに単体)を見てみましょう。

電通国際情報サービス(ISID)社員の平均年齢は41.1歳と高め。ざっくり言うと、40そこそこで1000万円近くもらっている人が多いということでしょうか。

  • 2016年12月期:1,313人(40.6歳・12.8年)
  • 2017年12月期:1,405人(40.9歳・12.7年)
  • 2018年12月期:1,457人(41.0歳・12.7年)
  • 2019年12月期:1,519人(41.1歳・12.6年)

このデータも電通国際情報サービス(ISID)単体のもので、グループ会社は含まれていません。なお、グループ全体(連結)の従業員数は2019年12月期で2,879人で、本体(単体)の割合は52.8%。ここ数期は従業員数がグループ全体で増加傾向にあります。

平均勤続年数がほぼ横ばいにもかかわらず、平均年齢が増えているということは、比較的年齢の高い中途採用が増えていて、平均年間給与の上昇とも関係しているのかもしれません。

電通グループの恩恵を受けて

最後に、電通国際情報サービス(ISID)の今後の見通しについてまとめてみましょう。

政府のデジタル庁設置などを受けて、企業のDX(デジタル・トランスフォーメーション)が多方面で進むことは確実。電通国際情報サービス(ISID)が担う事業領域に、強い追い風が吹いていることは間違いありません。

キャッシュレス決済システムやスマートファクトリー、マーケティングオートメーションなどは、これからも伸びていくと考えられます。

なお、電通国際情報サービス(ISID)の主な取引先は株式会社電通グループおよびそのグループ会社で、2019年12月期の販売実績は233億円あまり、総販売実績に占める割合は23.2%です。

ビジネスの面でも、福利厚生など労働環境の面でも、電通グループとの関係が強く、そのメリットを大きく享受していますが、電通グループの業績に影響を受けるおそれもあり、その点は注意が必要でしょう。

なお、現在は、営業(セールス・マーケティング)系、プロデュサー/ディレクター系、コンサルタント系、ITアーキテクト系、アプリケーション/システム開発系の幅広い職種で、キャリア採用の求人が出ています。

—–
ハイクラス転職をヘッドハンターに相談する