大惨事! 「洗濯機の水道を閉めずに」そのまま実家に帰省した女性 家に戻ってみると…… | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

大惨事! 「洗濯機の水道を閉めずに」そのまま実家に帰省した女性 家に戻ってみると……

画像はイメージ

一人暮らしの部屋から実家に帰省する際、絶対に忘れてはいけないことがある。兵庫県の20代女性(素材・化学・食品・医薬品技術職/300万円)は、大事なことを忘れて大変なことになったという。(文:草茅葉菜)

※キャリコネニュースでは「一人暮らしのハプニング」をテーマにアンケートを行っています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/UK94UKHK

「洗濯機のホースの接続部が緩んでいたことにまったく気づかず…」

女性は久しぶりに実家に帰省する際、なんと「洗濯機の水道を閉めずに」帰省してしまったというのだ。その結果…

「洗濯機のホースの接続部が緩んでいたことにまったく気づかず、休み明け帰宅した時には床が水浸しになっていた」

と、かなり衝撃的なアクシデントが発生してしまったようだ。帰宅した時の絶望感は相当なものだっただろう。

「雑巾で水を拭き取り、至る所に新聞紙を敷き詰め乾かしました」という文章からは、その作業の大変さがありありと目に浮かぶ。実家に帰る際には、ガスと水道の元栓をチェックすることを肝に銘じたい。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ