どうする?年末年始の義実家帰省「嫌いだから行かない理由ができてラッキー!と思っていることは夫にはナイショ」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

どうする?年末年始の義実家帰省「嫌いだから行かない理由ができてラッキー!と思っていることは夫にはナイショ」

今年は帰省しません!

今年は帰省しません!

新型コロナウイルスの第3波が本格化し、日常に大きな影響が出ている。年末年始が近づき、義実家への帰省について考える時期だが、キャリコネニュース読者からは、

「行きたくないのでコロナを理由に行かないつもり。いつもお風呂が最後だし、何をしても義父が文句を言ってくるので」(愛知県/40代女性/パート・アルバイト)

といった声が寄せられている。

「田舎なのでニュースにもなった『東京に帰れ』とかの張り紙をされたら嫌だし……」

神奈川県在住の30代女性(専業主婦)は義実家から「コロナが出ていない地域なので来ないでほしいと言われた」と綴る。

ただ、女性は今まで義実家への帰省で不満も募らせていた。「義実家の家が古くて寒いため、必ず家族全員風邪をひいて帰ってくる」という事態に陥っていただけでなく、

「好みが全く違うのに義姉が子どものお下がりを大量にくれる。いらないとは言えないのでとりあえず持って帰ってくるが、正直迷惑」

とコメントしている。今年は帰省しないため、心の軽さを感じているのかもしれない。東京都30代女性(正社員・職員)も帰省を見送る。

「田舎なのでニュースにもなった『東京に帰れ』とかの張り紙をされたら嫌だし、非常識な一族と思われると申し訳ないから。といいつつ、義実家嫌いだから行かない理由ができてラッキー!と思っていることは夫にはナイショ」

義実家は「孫を全く可愛がってくれない」といい、帰省について「息子(夫)に会うのが楽しみみたいなので、夫1人で帰ってくれたらお金もかからないし、私も子どももハッピーなんだけどなー」とこぼす。

「義実家への帰省中、夫が一度も私の味方になってくれなかったから」

“敵”は義実家だけではない。北海道の50代女性(正社員・職員)はコロナ禍以前から帰省していない。理由は「義実家への帰省中、夫が一度も私の味方になってくれなかったから」という。

不満に思っているのは女性だけではない。栃木県30代男性(正社員・職員)は「居場所がないから行ってもつまらない。気を遣ってくれない上に、自分のことを棚にあげて他の人ことを悪く言う。聞いていてあきれるし腹が立つから行きたくない」と嫌悪感を顕にする。

「ずっと気を遣っていたので休まる時間がなかった。こっちから子どもの面倒を頼んでおらず、向こうが『面倒見させて』ってお願いしてきて預けたのに文句言われる」

義実家といえど他人の家だ。自身の育った環境と違うのは当然で、気の合わない義実家に行きたくないと思ってしまうのも当然だろう。

※キャリコネニュースでは引き続き「年末年始は義実家に帰省しますか?」【募集】仕事を即行で辞めた人に関するアンケートを募集しています。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

人気記事ランキング

  1. 新型コロナ終息後にやりたいこと、1位は「旅行」 「外食」「飲み会」なども上位にランクイン
  2. 「風呂掃除を毎日しないのは汚い?うちは週1~2回」に賛否  「正直引いてしまう」「自分は年2回くらい」
  3. 「友人宅でWi-Fi貸してと言ったら"お金払ってるの私なんだけど"とキレられた」と憤る声に反響
  4. 「データに基づきデジタル技術を利用した変革を」個別指導塾最大手「明光義塾」を運営する明光ネットワークジャパンがDXデータプラットフォームの構築を推進
  5. 川崎市で発生した"コルク狩り"とは?「かぶっていれば根性入っている奴と思われていた」
  6. “一流大”でなくても大学は行ったほうがいい?「論理的思考力が身につくし、受験勉強から逃げない姿勢も社会で役に立つ」(40代男性)
  7. スタバ、新型コロナの影響でマグカップでの提供休止に 持参タンブラー、ステンレスフォーク・ナイフの使用も一時休止
  8. 義母「会う回数を減らしたいと嫁に泣かれた。嫌なことはしていない」に批判相次ぐ「我慢の限界を超えたんです」
  9. テレワーク→通常出社に戻され退職決意した女性「社長にリモートの利点を説明しても”気に入らない”と怒鳴りつけられ」
  10. 6月は社会人の「家出」リスクが増加 「仕事の悩みが原因であることが多い。今年も増えている」と探偵事務所

アーカイブ