29歳女性「交際止まりの女。もう結婚はダメかも」 同棲中、家事を何もしなかったという投稿に厳しい声 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

29歳女性「交際止まりの女。もう結婚はダメかも」 同棲中、家事を何もしなかったという投稿に厳しい声

もうダメ

もうダメ

「もう結婚ダメかもしれない。」――はてな匿名ダイアリーに2月上旬、29歳の女性がこんな絶望を投稿した。「交際止まりの女ってこういうことなんだろうね。」というタイトルで、2年付き合った彼氏と結婚前提で同棲を始めたが、たった半年で別れを告げられた顛末を綴っている。

原因は、面倒くさがりで家事を何もやらなかったことだ。投稿者は、

「彼が仕事から帰ってきた後、2人分の食事をつくるさなか、数時間も前に帰宅していた私は寝転がってスマホゲームをしてるだけ」
「何かと理由をつけて愛嬌でごまかせば彼も笑ってくれる、そうやって毎日を”耐えて”いた」

と明かす。彼氏は生活能力が高い人で、「料理、洗濯、掃除などが、私の想像していた男性像とはかけ離れていた」というから、彼女は余計に甘えてしまったのだろう。(文:篠原みつき)

「こういう人間なんです、私。」と諦めているが……

投稿者の一人暮らし時代は、「コンビニ弁当やお菓子ばかりだった」そう。同棲前、彼氏は「一緒に頑張ろう」と言ってくれて、彼女も前向きな気持ちでいたようだ。しかし「頑張れなかった」という投稿者は、

「こういう人間なんです、私。」
「まともな男性と同棲したら終わりかもね」

などと反省や弁明を綴った後、「どこまで行っても交際止まりの女なんだと思う」と希望のない自己分析をしていた。この投稿にはブックマークが600以上つき、さまざまなコメントが寄せられた。 多かったのは、”家事能力云々より相手に対する思いやりの問題”というツッコミだ。

「生活能力の問題じゃ無くて、相手に対する思いやりと行動の欠如かな。結局、相手が我慢できるかどうかが関係性の鍵になって、いつかは破綻する」

相手にばかり負担をかけるのではなく、料理はできなくても掃除はやる、金銭的な貢献をする、せめてお礼を言う、といった道理を説く声も相次いだ。同様の男性側の経験談もいくつかあり、いずれも別れたと明かしている。

「結婚相手として重視したい条件」の1位は「価値観が合う」

一方、コメントには「これ性別逆だったら共働きでも何故か許されるやつ……」という声も複数あった。しかし、それが許されたのも一昔前の話ではないだろうか。共働きが主流のいまは、男女関係なくある程度の家事力は求められる。出来なくても出来ないなりに努力しないと、結婚生活を続けることは難しい。

彼の立場で考えれば、仕事から疲れて帰って食事の支度をしているときに、先に帰宅していた彼女が何もせず「寝っ転がってスマホゲーム」では、別れたくなるのもよく分かる。約20年前に結婚した筆者も、これが毎日なら相手の人間性を疑うことは間違いない。

他方、フラれた原因は家事よりも「相性の問題」で、それが同棲で早く分かって良かったというコメントも目立った。相性とは、ズボラ家事でもOKというような「価値観が合う」ことも含まれるだろう。

明治安田総合研究所の調査によると、「結婚相手として重視したい条件」(20~39歳の未婚者対象)の1位は、「物事の価値観が合う」(男性70.5%、女性83.4%)だ。次に「優しい」が同程度で続いている。ちなみに「家事全般ができる」は、男性が56.1%、女性が32.2%だった。男性のほうが女性に家事能力を求めているのは想定内だが、これが一番重視することでもないようだ。

コメントには、生活能力のない同士で結婚したが、スーパーの惣菜やヘルシオなどの家電でなんとかやっているという人や、「家事代行を入れてすべて解決した」という人も。お互いのために2人で家庭運営を模索することが一番大切で、投稿者のように「こういう人間なんです」と諦めてしまうのは、一番よくないことではないだろうか。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

人気記事ランキング

  1. 不倫での妊娠、その後…… 「泣く泣く断念」「相手に逃げられシングルマザーに」
  2. "25歳過ぎたらデートにCICADA"なぜ論争に? 恋愛コンサルが「奢ってもらいたい女性vs奢りたくない男性」の関係解説
  3. 婚活での"普通の男性"は「年収400万円以上。ギャンブルしない。ケチじゃない」? 「普通のランク落とすべき」という指摘も
  4. 「給料が低くてごめん」と謝る夫になんと返せばいい? 「勉強するか転職しろ」「私も頑張るね」
  5. "大好きな年収300万円の彼"と"興味のない年収1000万円の彼"選ぶなら? 「自分が稼げるようになればいい」という声も
  6. 若者世代が「面倒」「コスパが悪い」と恋愛を完全否定 カップル見ても「一緒にいて何が楽しいんですか」とバッサリ
  7. 男性に好意を持たれると引いてしまう"カエル化現象"に悩むサブカル女子がカウンセリングで過去の自分と向き合ってみた
  8. 世帯年収1400万円以上"パワーカップル"の生態「ビールはヱビス、プレモル」「イチローとダウンタウンが好き」
  9. 世帯年収1400万円以上の「パワーカップル」に反響多数 「ポイントは夫婦ともに年収700万円以上」「1400万円じゃたいしたこと無い」という人も
  10. 「働きたくない。男は死ぬまで働くだけ」と毎日愚痴る夫にどう対応すればいい?

アーカイブ