“非モテいじり”は「そろそろやめるべき」 女性から見た7つの男性差別が話題に

非モテいじりは「そろそろやめるべき」

非モテいじりは「そろそろやめるべき」

男女差別の話題では女性が被害者として語られることが多いが、性別を理由に問題を軽視されたり役割を押しつけられたりするのは、女性ばかりとは限らない。はてな匿名ダイアリーに5月上旬、「女から見てそれは男性差別だからやめたほうがいいと思うこと」という投稿があり、注目を集めた。投稿者は具体例として、

「男がモテなかったりモテなさそうなこと、私生活の趣味、身体的特徴などをネタにしたり公言する」
「『付き合ったことあるの?』など異性体験について揶揄するような聞き方をする」

など7つの「そろそろやめるべき」言動を挙げている。投稿は女性からの立場で「男性に対する差別や偏見がまったくないとは言えない」とした上で、女性側からも価値観のアップデートが必要なことを示唆していた。(文:okei)

「力仕事やリーダー職を男性に押し付けること」も男性差別