「中学時代片思いしていた人と15年ぶりに再会してしまいました」タブル不倫沼にハマった40代男性 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

「中学時代片思いしていた人と15年ぶりに再会してしまいました」タブル不倫沼にハマった40代男性

不倫がはじまるきっかけとは

不倫がはじまるきっかけとは

大切なパートナーや家庭を持ちながら不倫に走る人は、どんな出会いで、どのような相手と一線を越えてしまうのだろうか。40代男性(正社員)は昨年末、ある女性から届いた一通のLINEが不倫の始まりだったと語る。

「その相手は、中学時代から片思いをしていた女性。20代前半に何回か告白したものの、当時は男として見てくれず、友達以上恋人未満でした。そんな関係に耐えられず、私は彼女から離れました」

引き続き、この男性の投稿を紹介する。(文:鹿賀大資)

【修羅場!あなたの不倫エピソード】最新記事はこちらから

「久しぶりなので『会おう』ということになって…」

見知らぬ女性から届いた一通のLINE。男性は「顔と名前が一致しない人からの連絡だったので、それが彼女と分かった時はびっくりしました」という。それもそのはず。男性は、その彼女と15年以上も会っておらず、携帯番号も知らなければ、LINEの交換もしていなかったそうだ。

「とりあえず久しぶりなので『会おう』ということになって……。まともに話すのは20年ぶりだったので、時間を忘れて夜明けまで語り合いました。その時に私は『やっぱり今も彼女のことが好きだ』と確信。次の週に会った時に告白し、一線も越えてしまいました」

男性は「お互いに配偶者と子どももいますが、今はダブル不倫にどっぷり浸かっています」と書いている。この分だと、しばらく熱は冷めないだろう。

「私も人のこと言えないが、彼女の夫がかわいそう」

60代男性(自営業・自由業)は、自身について「バツイチ独身」と明かした上で、「人妻と交際3年目」と現在進行形だ。不倫相手とは、一緒に仕事をしたことが、きっかけだったという。その後日、女性とメッセージを通して「仕事のお礼とか少し会話をした」と続ける。

「話の流れで『今度、飲みにいきましょう』と言われたから、私も『いいね。その後の二次会も』と冗談で返したら、まんざらでもない感じだった。そして居酒屋で会うことになったが、仕事の時とはまるで違い、胸元が見える服で驚いた」

事前のやり取りで交わした”二次会”も、すんなり実行。そこから男性が出張をする際は、決まって不倫相手と会っていたという。一時は男性に婚約者ができたことで、2年ほど関係を中断していたが、

「それも結局は破談になって、最近また会うように。でも同時に私を含めた3人の男と関係がある事実も知り、たまげた。ちなみに夫は一流企業で、単身赴任中。多い時は週3日ペースで、別の浮気男を家に呼んでいるらしい。いくら子育てが終わったとはいえ、乱れまくりでしょ」

男性は「私も人のこと言えないが、彼女の夫がかわいそうで」と書いている。

ほかには、

「元嫁の親にうんざりだった。もう毎日、家に来てたから。気が休まる時間が家になく、外に求めた」(30代男性/正社員)
「私は妻子あり、相手は夫婦のみのダブル不倫。お互い、パートナーとの夜の生活が不満だった」(50代男性/正社員)

といった声も寄せられた。

※キャリコネニュースでは引き続き「不倫したこと・されたことはありますか?」共働き・片働きの不満などのアンケートを募集しています。

—–

【あわせて読みたい】
驚愕!社内不倫が多い職場「ゲーム感覚で女子社員に手を出す上司」「飲み会がやたら多く、そこで連絡先交換」
“不倫された妻”の怒りの声「妊娠中に夫が職場の女性とW不倫」「双方の両親を呼び出して土下座させた」

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ