コロナ禍でも不倫する夫に激怒「相手の女とビデオ通話していました。別れたから連絡してない、と言っていましたが……」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

コロナ禍でも不倫する夫に激怒「相手の女とビデオ通話していました。別れたから連絡してない、と言っていましたが……」

不倫エピソード

コロナ禍で人と会う機会が少なく苦しむ人は多いが、それは不倫中の人も例外ではない。不倫中の40代女性は、

「ただでさえ彼に会えないのに、コロナで彼が在宅勤務になってしまい、もっと会えなくなってしまった。彼は無理して私にメールしようとして妻にバレたらしい。そこから音信不通」(派遣社員)

と明かす。コロナ禍の不倫も楽ではないらしい。ほかのキャリコネニュース読者の「不倫エピソード」も見ていこう。(文:林加奈)

【修羅場!あなたの不倫エピソード】最新記事はこちらから

妻のビデオ通話は出ないのに不倫相手のビデオ通話には出る夫

パート勤務の50代女性は「今回の不倫だけは絶対に許さない」と怒り心頭だ。女性の夫は、最近仕事の帰りが遅くなっていた。また、以前なら休日は必ず夫婦で出かけていたのが、友達と出かける予定を立てるようになっていた。

怪しんだ女性が夫のスマホをこっそり見たところ、結果は黒。詰め寄られた夫は不倫の事実を白状し、「もうお金が続かないから見つかってよかった。もう終わりにします」と言っていたにもかかわらず、結局1年近く不倫関係を続けていたのだ。その後コロナ禍に突入し、不倫相手の会社にはテレワークが導入された。

「不倫相手が出勤の時は、夫が女の会社の近くまで迎えに行って自宅まで送り、テレワークの時はLINEのビデオ通話で会話。私がビデオ通話しても『車の運転中』とか言って出ないのに、不倫相手とは運転しながらビデオ通話していた」

再度夫を問い詰めると「別れたから連絡はしていない」としらを切り通されたため、やむを得ず不倫相手に電話した女性。しかし、相手からは「開き直られた」という。そんな態度の夫と不倫相手を目の当たりにした女性は「人間ではないと思った」と振り返っている。

「平静を装っているが嫌味を言ってしまう。私の人生を返してほしい」

女性は腹が立って夜も眠れず、食事ものどを通らず10kg以上痩せ、めまいで倒れて救急搬送された。それでも「夫と不倫相手の関係は続いていた」というから呆れるばかりだ。夫と不倫相手の関係が今も続いているかは不明だが、女性は今でも苦しんでいる。

「今は平静を装っていますが、テレビで不倫騒動の話が出たときは嫌味を言っている。不倫相手からは謝罪も何もない。不倫相手は51歳バツイチ2人の子持ち、夫は63歳。夫が原因で子どもができなかったのに。私の人生を返してほしい」

コロナに関係なく、不倫する人はこれからも不倫を続けるのだろう。ただ、「不倫相手が転職した。コロナの影響もあり、気軽に会えなくなった」(40代男性)という声があるように、コロナ禍で不倫がしにくくなっていることは確かなようだ。

※キャリコネニュースでは引き続き「不倫したこと・されたことはありますか?」あなたの職場のサイコパスなどのアンケートを募集しています。

-----

【あわせて読みたい】
「妻を泳がせて証拠をそろえています」 配偶者に不倫されて"リコカツ中"の男性
夫と遊びに行った子どもが「お姉ちゃんがいた」と謎の言葉 配偶者に裏切られた50代女性の悲しみ

【PR】注目情報

関連記事

オンライン社員訪問で簡単に時給最低5,000円
年収UP確約転職

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

人気記事ランキング

  1. 義母がエアコンをつけず「熱くて死にそう」という嫁に「帰省しなくていい」という声相次ぐ
  2. 30代で「結婚式のご祝儀2万円」は非常識?正社員で実家暮らしなのに… 不満の女性に「文句言うなら式やるな」と批判相次ぐ
  3. "相手とは別れるから"それでも再び不倫に走った夫 「実は水面下で動いていました。もう信用していません」と語る50代女性
  4. 「妻を泳がせて証拠をそろえています」 配偶者に不倫されて“リコカツ中”の男性
  5. "不倫された妻"の怒りの声「妊娠中に夫が職場の女性とW不倫」「双方の両親を呼び出して土下座させた」
  6. 不倫された女性たちの心境「夫はATMと割り切っていますが、未だにフラッシュバックに悩まされています」
  7. 結婚式の招待に“欠席”相次ぎ「私が渡したご祝儀6万円、返して!」 怒る女性に賛否「そういう根性では誰も来なくなる」
  8. 「専業主婦の妻は昼までアニメを一気見。労働意欲ゼロです」 年収1000万円の男性の悩み
  9. 「彼氏が300万円のSUV車を買おうとしています」渋る彼女に批判殺到「交際10か月でこんなこと言われたら息詰まる」
  10. 「援助する」を信じ義実家近くの新築購入も、渡されたのは20万円…後悔する女性に「お祝い金レベル」「詐欺でしょ」と同情集まる

アーカイブ