壮絶!妻に不倫された男性「突然子どもを連れて帰省。残った荷物の携帯の中から不倫のやりとり」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

壮絶!妻に不倫された男性「突然子どもを連れて帰省。残った荷物の携帯の中から不倫のやりとり」

不倫イメージ

そのとき男性は……

世の中には、妻の不倫に悩む男性もいる。キャリコネニュースが実施した「不倫」に関するアンケートには、

「ショックでした。まさか、妻が」(40代男性)
「私自身のガン闘病の終わりかけに、妻の不倫が発覚した」(40代男性)

といった、不倫された夫側の体験談が寄せられている。(文:コティマム)

【修羅場!あなたの不倫エピソード】最新記事はこちらから

子どもを保育園に預けたあと、相手と日中遊んだりホテルへ行ったり

50代男性は「(妻は)子どもを保育園に預けたあと、相手と日中遊んだりホテルに行ったりしていた」とショッキングな事実を打ち明ける。妻はどのような気持ちで、子どもの送迎をしていたのだろうか。

30代男性は、発覚した妻の職場内不倫を許すことなく、別れを選択した。「決定的な証拠を確保して離婚。慰謝料協議中」と現状を明かす。

50代男性は妻から離婚を突きつけられたことで、不倫を知ることになった。

「(妻が)突然子どもを連れて実家に帰省。そこから突然の離婚宣言。残った荷物の携帯の中から不倫のやりとり。監護権はあちら。不倫は係争です」

離婚宣言も不倫発覚もまさに青天の霹靂だ。しかし不倫の事実を知らないまま離婚するよりは、証拠が見つかってよかったのかもしれない。

上司と不倫した妻「家庭の悩みをあろうことかラブホテルで相談」

30代男性の妻は、職場の上司との不倫に走ってしまった。

「妻は看護師なのですが、同居している私の両親や家庭の悩みを、10歳上の上司に相談しているうちに不倫関係になっていました」

家庭の不満が溜まっていた妻。職場の上司が頼れる存在に思えてしまい、いつの間にか恋愛感情が芽生えたのかもしれない。しかし裏切りはよくない。

「2人だけでいるところを職場で見られてはまずいということで、あろうことかラブホテルで相談していました。お互いに『手を出さないから』と言っていたそうですが、まさかそんな戯言がラブホの雰囲気に通用するわけがないですよね……」

不倫した側は「ラブホテルに行ったが何もしていない」という言い訳を使いがちだが、冷静に考えてそれが通用すると思うのだろうか?相談ならお店の個室でもどこでもできる。

不倫する側もさまざまな背景があって不倫に至るのだろうが、発覚した際に発生する責任や信用問題はしっかり考えておく必要がある。

※アンケート概要
■実施期間
2020年6月12日~
■回答数
671 ※2021年7月28日時点
■アンケート対象
キャリコネメルマガ会員(63万人)やキャリコネニュース読者、キャリコネニュースSNSフォロワー
■実施方法
アンケート集計ツール「クエスタント」を使用
回答ページ https://questant.jp/q/TX9IZBNW
■質問項目
・不倫した・されたことはありますか?
その時の状況やエピソード、思ったこと、不満など、具体的に教えてください。

※キャリコネニュースでは引き続き「不倫したこと・されたことはありますか?」やなどのアンケートを実施しています。

—–

【あわせて読みたい】
「妻を泳がせて証拠をそろえています」 配偶者に不倫されて”リコカツ中”の男性
夫と遊びに行った子どもが「お姉ちゃんがいた」と謎の言葉 配偶者に裏切られた50代女性の悲しみ

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ