「結婚しなくてもいい」「男性に頼らず自立を」と父から教えられた40代女性の選択 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

「結婚しなくてもいい」「男性に頼らず自立を」と父から教えられた40代女性の選択

家族からは年齢を理由に『結婚しろ』というプレッシャーも全くなかった

「結婚して家庭を築く」。ひと昔前までは、「当たり前の幸せ」として考えられてきたが、今は「結婚しない」という選択も広がっている。キャリコネニュースには、「あえて結婚しない」と考えている読者から、さまざまな声が寄せられている。(文:コティマム)

※キャリコネニュースでは引き続きアンケート「あえて結婚しない人」を実施しています。回答ページはこちら https://questant.jp/q/HLPQJZGW

「専業主婦が難しい現代の結婚は、女性にとってメリットがない」

まずは男性陣の意見を紹介しよう。

「自分一人生きていくので精一杯。 仮に収入が今より高くても、結婚に魅力がない」(千葉県/40代男性/年収400万円/流通・小売系/正社員/貯金200万円)

「収入も十分あり、家事などもひとりででき、好きに生きたいから」(埼玉県/40代男性/年収850万円/IT・通信系/正社員/貯金700万円)

自身の収入で妻や家庭を支えることに不安がある人や、自由に好きな生活ができている現状に満足しているという声が目立つ。

一方の女性陣も、「ひとりの生活が楽」と感じているようだ。東京都の40代女性は「パートナーはいるが、現在ひとりの生活が楽しいしとても満足している」と語る。女性は正社員の職に就き、年収は500万円。貯金も2000万円ある。女性は、

「大人同士が一緒に暮らすことは不自由が多く、フルタイムで仕事もして人の分も家事をして親戚付きあいをしてというのは大変すぎて、自分の性質には向いていないと感じてきた」

と結婚生活のデメリットを語る。さらに、

「子を持つことをとにかく優先するのなら、家庭を築き専業主婦になる選択もありかもしれないが、専業主婦が難しい現代の結婚は、女性にとってメリットがないと思う。制度上何かが有利ならば、別居婚などは考えるかもしれない」

と冷静な意見を綴っていた。

「『結婚して当たり前』という価値観を押し付けず多様性も認めてほしい」

マスコミ業界で働く東京の40代女性は、年収850万円。貯金も1300万円ある。「1人でいるのが楽しいし、家事も好きではなく自分1人で精一杯。金銭的にも人に頼る必要がない」と、あえて結婚する気はないことを明言。

「子どもの頃から父親に、『結婚しなくてもいい。好きな人ができたら同棲すれば十分だし、男性に頼らなくても生きていけるように自立しなさい』と言われて育ったので、家族からは年齢を理由に『結婚しろ』というプレッシャーも全くなかった」

と自立心が育まれた生育環境を語る女性。「もともと恋愛に向かないタイプ」だといい、「今まで付き合った人とも、向こうから押されて付き合ってみたものの、一緒にいることが義務として重荷になり、こちらから別れを切り出すという流ればかり」と振り返る。周囲がいまだに結婚や恋愛を勧めてくることには相当うんざりしているようで、女性はこう綴っている。

「この年になっても、まだ『結婚しろ』とか『パートナーを見つけろ』と言って本質的に理解してくれない人もいるが、『結婚して当たり前』『恋愛して当たり前』という価値観を押し付けず、恋愛感情が薄い人もいるという"多様性"も認めてほしいです」

※アンケート概要
■実施期間
2020年7月7日~
■回答数
121 ※9月13日時点
(記事では、8月4日から9月6日に寄せられた投稿を紹介)
■アンケート対象
キャリコネメルマガ会員(63万人)やキャリコネニュース読者、キャリコネニュースSNSフォロワー
■実施方法
アンケート集計ツール「クエスタント」を使用
回答ページ https://questant.jp/q/HLPQJZGW
■質問項目
・あなたがあえて結婚しない理由を教えてください。「現在の生活がこうで、こういう点に満足している」「こういう理由だから結婚しない」など具体的にお願いいたします。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ