「毎週木曜日だけ帰宅が遅くなりました」夫に裏切られた女性たちの声 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

「毎週木曜日だけ帰宅が遅くなりました」夫に裏切られた女性たちの声

イメージ画像

画像はイメージ

信じていたパートナーに不倫されたとき、現実を受け入れたくない人も多いだろう。キャリコネニュースには、不倫された経験を持つ読者から、こんな体験談が寄せられた。(文:コティマム)

※キャリコネニュースでは「不倫した・された経験談」を募集しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/TX9IZBNW

不倫相手に振られるとベタベタしてきた夫「好き勝手していたのが許せません」

40代女性(パート・アルバイト)は、「とても冷たい態度を取るようになり、また、毎週木曜日だけ帰宅がかなり遅くなりました」と夫の変化から不倫を疑った。

「そのことを軽く質問すると、とぼけて逆ギレされました」と振り返る女性は、身勝手な夫の態度に怒り続けているようだ。

「しばらくして相手の女性に振られたようで、私にベタベタしてくるように。私には友達とのお茶の時間や習い事、仕事まで制限していたのに、自分は好き勝手していたのが許せません」

夫が10年も不倫していたという50代女性(専業主婦)は、「旦那は悪いことをしたとは深く思ってはなかった」と語る。

「10年もわからなかった自分が情けなかった。私はなめられてたのか?いっぱい涙を流した。離婚はせず許したが、今も疑いの目を光らせている」

不倫した側の冷たい態度や自分がないがしろにされた事実は、簡単に忘れることはできない。「許す、やり直す」と決めても、相手を疑う気持ちをゼロにはできないだろう。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ