職場の不倫で修羅場!旦那が店舗に乗り込んできて「不倫相手に間違えられ、意味も分からず怒鳴られた」と振り返る男 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

職場の不倫で修羅場!旦那が店舗に乗り込んできて「不倫相手に間違えられ、意味も分からず怒鳴られた」と振り返る男

画像はイメージ


上司と不倫中の20代女性「小さい頃から親に言われた通りの道を歩んできましたが……」

さまざまな人間関係が渦巻く職場は、とつぜん修羅場になることもある。千葉県に住む30代後半の男性(事務・管理/正社員・職員/年収500万円)は、

「ドラッグストアで店長をしていた時に、部下の男性がパートの女性と不倫をしていました」

と思いがけない修羅場体験を語りだした。(文:okei)

※キャリコネニュースでは「職場の修羅場エピソード」を募集しています。回答ページはこちら https://questant.jp/q/HW152AQM

「それ以来きれいなパートさんを採用する事をやめました」

従業員どうしが不倫していたという男性。修羅場は突然やってきた。

「メールでやり取りをしていた内容が旦那にバレて、働いている店舗に(旦那さんが)怒鳴り込んできた。ちょうど部下が休みの日で自分が対応したのですが、不倫相手に間違えられ意味も分からず、怒鳴られた事を今でも思い出します」

と当時の焦りを振り返る。いきなり身に覚えのないことで責められ、さぞかし驚いたことだろう。「本部に言う事も出来ず、ひとまず部下に伝えました」となんとかその場を収めたようだ。男性はその後の顛末をこう綴っている。

「示談金として100万円払ったみたいなのですが、それ以来きれいなパートさんを採用する事をやめました。自分のためにも、男性の部下のためにも」

美人を採用しないという対応はまた別の問題があるような気もするが、無実の男性にとっては災難だったようだ。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ