「職場の部下とW不倫していました」モラハラ浮気夫に耐えてきた女性 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

「職場の部下とW不倫していました」モラハラ浮気夫に耐えてきた女性

画像はイメージ

夫からモラハラを受けただけでなく、不倫までされたという妻からの経験談が寄せられている。モラハラな上に不倫をするような最低な夫でも、今なお離婚できず苦しんでいる女性いるから驚きだ。(文:林加奈)

※キャリコネニュースでは不倫をテーマにアンケートを実施中です。回答はこちらから https://questant.jp/q/TX9IZBNW

浮気風俗中毒の夫は「所得、携帯、仕事内容すべて」を隠し…

40代女性は、「夫は浮気風俗中毒」だといい、そのモラハラぶりをこう綴っている。

「自営業で、所得、携帯、仕事内容すべてを隠し、聞くモラハラで威嚇してくる。自分だけ高級車に乗り、生活費は最低限のみ。怒ると子どもの学費は払わないと脅す。扶養範囲内でパートをするが、疲れて休日の趣味に付き合わないと不機嫌になる。すべてお前のせいだと人のせいにする。死んでくれたら自由になれるのにと思う日々」

夫の所得や仕事内容まで知らされていないのは、もはや夫婦というより同居人のような存在ではないだろうか。

「嘘ばかり重ねて不倫女ばかりを庇う姿に何かがプツンと切れた」

一方、別の40代女性はモラハラ不倫夫と離婚した経験談を綴っている。

「元夫からのモラハラに日々耐えていました。その上、職場の部下の女とW不倫され、有責配偶者にもかかわらず、離婚請求してきました」

本来、有責配偶者(編注:不倫など離婚原因を作ったことに責任のある配偶者)からの離婚は認められないはずだが、女性は

「不倫がバレても嘘ばかり重ねて不倫女ばかりを庇う姿に何かがプツンと切れ、なるべくいい条件での離婚を受け入れました」

と当時の心境を語った。身勝手なモラハラ夫と争い続けるより、早く縁を切るほうが正解だろう。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ