「嫁は食べたら食器を置きっぱなし、洋服も脱ぎっぱなし」とある20代男性の不満 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

「嫁は食べたら食器を置きっぱなし、洋服も脱ぎっぱなし」とある20代男性の不満

画像はイメージ

夫婦で快適に過ごす上で、互いに納得した家事分担を決めることは重要だ。ふだん自宅で仕事をしているという20代前半の男性(福岡県/Web・インターネット・ゲーム)。日々受け持っている家事の量に対し、こんな不満を抱いていた。(文:永本かおり)

※キャリコネニュースでは「夫・妻に対する不満」をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/HGSUO26N

「お菓子とかのゴミもそこらへんにぽいってする」

「基本的に自分が家で仕事をしているので、家事は僕がする」と綴る男性。夫婦内での家事分担について、

「嫁が食器とかも食べたら置きっぱなしで、洋服も脱ぎっぱなし、お菓子とかのゴミもそこらへんにぽいってするのですごい困ってますね」

と、不満を漏らしていた。しかし男性が妻に抱く感情は、なかなか複雑なようで

「手伝ってと言ってもなかなか手伝ってくれず、スマホをいじっているので、少し嫌ですね。でも離婚はしたくないんですけどね(笑)」

と綴っている。愛情で不満がカバーされている様子だ。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

人気記事ランキング

  1. 不倫で妊娠した女性、相手に告げたら「お金も払わず、一言あやまって逃げました」というエピソード
  2. 16歳で付き合い→ハタチで結婚。少女マンガのような人生を歩んだ男性(35)が職場で泥沼不倫にハマったわけ
  3. 「旅費は私が全部出す」→「やっぱりあなたも出して」 彼氏に“詐欺”と言われた女性に反響
  4. 不倫された女性たちの心境「夫はATMと割り切っていますが、未だにフラッシュバックに悩まされています」
  5. 「彼の実家がゴミ屋敷でした」不倫相手が離婚したあとも「結婚はしないつもりです」と語る女性
  6. 「ご祝儀をくれない友人と縁を切ってもいいですか?」と相談する女性に非難殺到 「お金がないなら披露宴やるな」
  7. 不倫されても離婚しない妻の胸中「夫=お手伝いさん。子どもが自立したら絶対捨てます。今も貯金に励んでます」
  8. 「独身税の何が悪いのかわからない」に反論相次ぐ 「独身から搾り取れば結婚も減る」「児童手当や所得控除が実質独身税」
  9. 「証拠を突きつけ、白状させ、離婚」妻が幼稚園の先生と不倫!その後の顛末は… 裏切られた体験談【後編】
  10. 「彼氏の車ナンバーが元カノの誕生日。変えてと言っていい?」という相談に賛否 「彼氏の浅はかさが嫌」「それ言われたら冷める」

アーカイブ