恋人を「大手企業の正社員」に取られた派遣男性の回想 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

恋人を「大手企業の正社員」に取られた派遣男性の回想

画像はイメージ

画像はイメージ

恋人から裏切られた経験は、時に大きな傷として心に残り続ける。富山県の40代男性(未婚/教育・保育・公務員・農林水産・その他/年収150万円)は、

「もう結婚を考える年齢ではないし、メンタルが崩壊したため、結婚は出来ないだろうな」

と過去を振り返る。(文:草茅葉菜)

※キャリコネニュースでは「恋人に裏切られたことがある人」をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/ENDBH7Q6

「彼女は美人で明るい性格でお酒好き」

男性の元恋人は「同じ派遣会社で後から入社して来た少し歳上の女性社員」だった。最初のうちは慣れないだろうと考え、食堂の夕食を教えたりしていたという。

そのうち何故か電話番号も教えていないのに夜に電話が来るようになり不思議に思っていると、「正社員の事務員さんから個人情報が全て漏れていた」ようだ。

「彼女は美人で明るい性格でお酒好き。郵便局へお金を下ろすために車で連れて行ったりしてるときに大切な人になりました」

と順調に交際に発展した当時を振り返る。しかしその後

「業績不振で配置転換(後の伏線) 。その後も暫く同棲をしていましたが、彼女は頻繁に飲んで帰ってくる」

と、だんだん雲行きが怪しくなってきたようだ。そのうち「配置転換に関わった張本人(正社員)に飲んでいる時にずっと口説かれていた」ことが判明し、身を引くことになったという。男性はその後を、こう語る。

「相手は大手企業の正社員で、こちらは安月給の派遣社員。しかも以前から歳上は好きじゃないと言っていたのもウソ」

「自分の気持ちを変えたくないから結婚をして欲しいと言われましたが、彼女の心の中に俺はいないし、俺も裏切られたため二度と信頼出来ないだろうから携帯電話やメールは全て破棄して他のところで働きました」

悲痛な気持ちを吐露する男性。元々男子校から工学系単科大学に進み、女性と話をする機会もなかったという。

「騙された件で何とか立ち直れたのは10年後。正確には未だに立ち直れていない。次の配属先では仕事の実績も積み、派遣から正社員登用され、在職中は常にS査定だったが既に手遅れ」

「もう結婚を考える年齢ではないし、会社解散で放り出された後の企業3社はブラック企業でメンタルが崩壊したため、結婚は出来ないだろうな」

恋人から裏切られたことで、人生が大きく狂ってしまったようだ。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ