写真の加工、女性の4割「良く盛られすぎて逆につらい」 盛られ過ぎて「宇宙人みたいになった」「脚長効果で腕が伸びた」人も

また「盛られたくないのに盛られた」という人は49.5%と、約半数が被害を受けている。さらにこの世から消して欲しいと思う「盛られ画像」がある人も46.2%いる。

他人にとっては「可愛い」「面白い」と思う画像でも、本人は「誰にも見てほしくない」と思っている可能性もある。SNSなどで画像を投稿したり、共有したりする場合は、映っている人に許可を貰うことがトラブル回避となるだろう。

盛られたくないのに盛られた時の画像について聞くと、「良く盛られすぎて、逆につらい」(38.5%)と感じた人が最も多かった。次いで「かわいいと思えなかった」(36.3%)、「キャラじゃない盛られ方をした」(29.7%)、「自分だけあまり盛られなかった」「もはや誰か分からないくらい盛れた」(同23.1%)、「悪く盛られた」(19.8%)と続く。

具体的に聞くと、

「顎が削られすぎて、宇宙人みたいだった」
「加工しすぎて現物と違いすぎて、ひかれた」
「でか目加工されて、妖怪になった」

という声が寄せられた。また行き過ぎた加工機能のため、本来盛られるべきでない箇所が盛られることもあるようで、

「盛られすぎて背景が歪んでた」
「脚が長く見える加工で、腕が長くなってた」

といった声も寄せられた。