独身男女の5割が「新型コロナで交際意欲が増した」 「孤独を感じるようになった」という人も | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

独身男女の5割が「新型コロナで交際意欲が増した」 「孤独を感じるようになった」という人も

コロナで恋活・婚活に変化は?

コロナで恋活・婚活に変化は?

エウレカは6月25日、「新型コロナウイルスの恋愛・結婚の価値観への影響」に関する調査結果を発表した。調査は5月にネット上で実施し、18~59歳の独身男女2918人から回答を得た。

現在について、7割が「恋活・婚活をしていない」(70%)と回答。このうち、6割以上は「以前はしていたが、新型コロナの影響で休止している」(64%)と答えた。

「時間的・経済的に、結婚に踏み出しにくい」という声も

新型コロナによって、約2割が「恋愛観に変化があった」(18%)と回答。約5割は「交際意欲が以前よりも増した」(46%)と答えた。具体的には

「孤独を感じるようになった」(男性29歳)
「コロナの騒動で自分とは異なる行動をする人々を目にして、同じ考えや感覚を持った人がいいなと思うようになった」(女性39歳)

といった声が寄せられた。一方、5割は「時間的・経済的に、結婚に踏み出しにくい」(48%)と回答。具体的には「安定性のある勤め先が良い」(男性28歳)などと相手に経済的な安定を求める声が多かった。

また、コロナ離婚については、過半数が「(自分には)関係がない」(51%)と回答。回答者からは「コロナウイルスに関係なく、元々価値観の不一致があったのでは」という声が目立った。

一方、3割は「関係がある」(30%)と答えている。具体的には、「より気の合う人、価値観の合う人と一緒になりたいと思う」「反面教師として、将来のパートナー選びの参考とする」などの声が挙がった。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ