世帯年収400~600万のリアル「月収の3分の1は税金。低収入でも“ゆるい仕事”に転職して、ストレスなく暮らしたい」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

世帯年収400~600万のリアル「月収の3分の1は税金。低収入でも“ゆるい仕事”に転職して、ストレスなく暮らしたい」

税金高すぎて不満…

税金高すぎて不満…

2019年10月に消費税が10%に引き上げられてから、はや一年。国の税制に不満を持つ人も多いのではないだろうか。

世帯年収400~600万円の読者からキャリコネニュースに寄せられた声には、税金が高すぎるとの不満が並ぶ。兵庫県の40代男性は、

「年収が少し増えても引かれる税金も増えるので手取りは変わらない。がんばっても報われた感じがしないので働く気が少しずつ無くなる。でも家族も養わないといけないのでなんとかがんばっています」

と気持ちを吐き出した。世帯年収400~600万円のリアルな生活に迫っていこう。(文:中島雄太)

年収500万→600万に昇給しても「なにも変わらない、税金ばかり増えていく」

熊本県で商社に勤める30代女性は年収500万円の収入だが、「税金が高すぎる。月収の1/3は税金。正直仕事する気なくなります。低収入でもゆるい仕事に転職して責任もストレスもなく暮らしたい」とこぼす。

東京都でIT・通信系に勤める20代女性も「年収500万のときと年収600万のときで、なにも変わりません。 税金ばかり増えていくイメージ」と綴った。年収が高くなっても税金による控除も増えるため、不満を感じる人も多いようだ。

また、いまだに猛威を振るうコロナウイルスの影響を受けたとの声も多い。

神奈川県の40代女性は現在、正社員で働いているが「コロナ前までは満足していたが、コロナ禍で先が見えない中、このまま働いて行けるのか不安」と先の見えない状況を嘆く。

コロナウイルスに対する声は他にも、

「今、コロナの影響で働く時間と日数が減らされ去年より毎月の給料が不安です」(千葉県/40代女性/その他)
「毎日早朝から出勤も当たり前でコロナで仕事が減っただけ給料は下がりました」(兵庫県/50代男性/流通・小売系)

などが寄せられている。

「油断すると一気に支出が膨らんで恐ろしい」

コロナ禍でも影響を感じていないとの声もある。流通小売業に勤める東京都の50代男性は、真逆の影響を受けた一人だ。

男性は「残業無し、毎日定時、コロナ禍で週2はテレワーク。コロナ禍でも減給はなく昨年同様に昇給、ボーナスも増加。有休が取りづらく、盆休みがないが休日出勤もないのは辛いところだが、ちゃんと申請すれば通る。これで年収500万円は正直申し訳ない」と綴った。

一方影響を受けたと語るのは、神奈川県の40代女性。女性は夫婦ともに派遣社員として働き世帯年収450万円だが、切り詰めた生活をすることで、毎月10万円ほどを貯金に回している。しかし「油断すると一気に支出が膨らんで恐ろしいです」と心境を吐露した。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」「テレワークで快適なこと・つらいこと」などのアンケートを実施しています。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ