世帯年収400~600万円で都内に住む人々の悲鳴「人間らしい生活がしたい」「子どもを産み育てる余裕はない」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

世帯年収400~600万円で都内に住む人々の悲鳴「人間らしい生活がしたい」「子どもを産み育てる余裕はない」

世帯年収400~600万円で都内に住むのはきつい?

世帯年収400~600万円で都内に住むのはきつい?

世帯年収400~600万円の生活は余裕があるのか、それとも苦しいのか。どうやら明暗を分けるのは、住宅費の支払いのようだ。都内で暮らす30代女性は次のように語る。

「東京の社宅で一人暮らしをしている。我慢はないけど、余裕もない。社宅がなく賃貸だったら、とてもじゃないが東京では暮らせない」(サービス業/世帯年収400万円)

キャリコネニュース読者から寄せられた「世帯年収400~600万円のリアル」を分析すると、同じ世帯年収でも、住んでいる地域によって生活満足度に大きな格差が出ていることが分かった。(文:大渕ともみ)

「少しでも固定費を減らそうと、仕方なくオンボロマンションに住んでいます」

都会での暮らしは一見華やかに見えるが、実情は厳しい。都内で働く20代女性は「所得に対しての物価が、割に合っていない気がする」と不満を漏らす。

「支払いが多すぎるんです。自分の好きな時間も取れないので、仕事・寝る・仕事・寝るの繰り返し。人間らしい生活がしたい」(マスコミ/世帯年収550万円)

都会での生活に悲鳴を上げるのは、独身の若者だけではない。同じく都内在住で、夫婦共働きの40代女性は、子どもがいないにも関わらず家計がギリギリだと頭を抱える。

「健康保険と年金と税金で、毎月10万円近い出費。少しでも固定費を減らそうと、仕方なくオンボロマンションに住んでいますが、それでも貯金は月5万が限界です」(不動産/世帯年収550万円)

ほかにも「家を買おうにも、まったく買える値段の物件がない。子どもを産み育てる余裕はない」(50代女性/東京都/金融・保険/世帯年収600万円)という声が寄せられている。

悠々自適の田舎暮らし「住宅ローンが安いおかげ」「専業主婦でも問題ない」

東京と同じ首都圏でも、郊外では住宅事情が異なるようだ。千葉県に住む40代男性は「子どもたちは習い事をしていますし、外食もたまにします」と話す。

「家族4人、普通の生活で貯金もできています。でも、それは千葉県の郊外に住んでいて、住宅ローンの支払いが安いおかげかもしれません」

地方での田舎暮らしを選んだ人々は、さらに余裕のある生活を送っている。香川県で自営業を営む30代男性は「事業を活かし、タックスコントロールしている」と節税にも抜かりがない。

「子どもが4人いるが、田舎なので生活には余裕がある。この生活は、都会で頑張っているサラリーマンの方々の税金のおかげで成り立つもの」(サービス業/世帯年収400万円)

長野県で田舎暮らしを楽しむ30代女性は、夫の収入だけで問題なく生活できているという。

「家も建てて、子どもも2人いますが、私は専業主婦で暮らしていけます。 食べ物は好きな物を買えていますし、生活面でもお金がないから我慢しようって感じではないです。 旅行も近場はちょこちょこ行って、飛行機を使う距離の旅行は年1回楽しんでいます」(専業主婦/世帯年収500万円)

同じ世帯年収でも、都会暮らしと田舎暮らしの間には、到底無視できない生活格差がある。どこに腰を据えるかは、慎重に考えた方が良いだろう。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」「テレワークで快適なこと・つらいこと」などのアンケートを実施しています。

【PR】注目情報

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ