コロナ禍で失業した世帯年収300万円の人々「最近はスーパーで値引き惣菜を買っています」「食べていくのが精一杯」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

コロナ禍で失業した世帯年収300万円の人々「最近はスーパーで値引き惣菜を買っています」「食べていくのが精一杯」

コロナで失業。これから先が不安…

コロナで失業。これから先が不安…

新型コロナウイルスの影響により、収入の減少や失業に見舞われる人が増えている。生活費の捻出に追われる世帯年収300万円台の家庭にとって、コロナ禍の長期化は死活問題と言えるだろう。

宮城県在住の40代の男性キャリコネニュース読者は「世帯年収300万円。忙しい割に収入の少ない私に、妻は文句も言わず朝ごはんを作ってくれます」と感謝を述べ、

「専業主婦の妻は、たまに短期のアルバイトをしてくれます。しかし、今は新型コロナウイルスの影響で働き口がありません。私の仕事はサービス業ですが、収入は横ばいです」

と付け加える。妻のアルバイト収入が見込めないことは、男性の家計に少なからず打撃を与えることだろう。しかし、これはまだ序の口だ。今回は「コロナ禍で失業した世帯年収300万円の人々の声」を紹介する。(文:大渕ともみ)

「コロナ禍で勤務先が倒産。結婚は諦めました」

失業と聞くと真っ先に思いつくのは自主退職や解雇かもしれない。しかし、兵庫県の40代男性は「コロナ禍で勤務先が倒産しました」と語る。

「辛うじて再就職しましたが、年収が280万円になってしまいました。まあ、仕事があるだけありがたいです。 最近は仕事帰りにスーパーに寄って、値引きされた惣菜を買って帰っています」

勤務先が倒産してしまっては、なすすべがない。男性は「結婚もしたいですが、低年収になったので諦めました」と切ない胸の内を明かしている。

世帯年収360万円の大阪府在住30代男性は「妊娠とコロナ禍が重なり、妻は勤め先のパート契約を解除されました。私の給料も、新型コロナウイルスの影響で減っています」と夫婦揃っての収入減に痛手を受けている。男性は、

「そもそも妻は、不妊治療のためにフルタイムを辞めてパートに就きました。おかげでなんとか妊娠しましたが、治療で貯金の大半を使ってしまったので、とにかく毎日の生活が不安です」

と語り、今後の暮らしに思いを巡らせる。「このままでは食べていくのが精一杯。出産の準備に向けてさらに貯金を取り崩す日々が続きます。 保育園激戦区なので、妻が無職の状態では入園は絶望的。住宅購入も躊躇してしまいます」と不安が尽きないようだ。

東日本大震災、新型コロナウイルス……2重の天災で収入が激減

秋田県在住の40代女性は「夫婦で働いて、やっと世帯年収300万円を超える程度。手取りでは300万円以下です」と世帯収入の現状を打ち明ける。

「もともとは、私1人で年収300万円ほど稼いでいたのです。しかし、東日本大震災の影響で勤め先が解散。当時すでに30代半ばだったことと東日本大震災の余波が影響し、給料の良い仕事はなく、現在まで最低賃金のフルタイムパートで働いてきました。それも昨今のコロナ禍の煽りで、今年中には契約解除になりますが」

東日本大震災と新型コロナウイルスの2重の天災により、収入減を余儀なくされた女性。心配事は今後の生活費の工面にとどまらない。「社会人になった息子が、鬱病を患い通院中」と言うのだ。

「息子は地元の大手製造業の会社に就職しましたが、夜勤で生活リズムが狂ってしまったようで。現在なんとか仕事に行っていますが、辞める方向で進めています。恥ずかしながら、家計に少しばかり協力してもらい、ここ半年位は余裕が出てきて安堵していたところでした」

女性は「これから先が不安です」と心境を吐露している。一刻も早く新型コロナウイルスが収束し、世の中の経済の回復を祈るばかりだ。

※キャリコネニュースでは引き続き「世帯年収に満足?不満?」「【募集】仕事を即行で辞めた人」に関するアンケートを募集しています。

—–

【あわせて読みたい】
世帯年収1000万超の暮らし「レクサスは現金で一括購入」
年収800万円でも“子ども部屋おじさん”の40代男性
年収300万円の50代独身女性の叫び「政治家は底辺の生活を知らない」

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ