世帯年収2000万円台の30代夫婦「年間800万円貯金。旅行やショッピングは我慢しません。ブラックカードを使います」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

世帯年収2000万円台の30代夫婦「年間800万円貯金。旅行やショッピングは我慢しません。ブラックカードを使います」

「海外も年3回のペースで行けている」

「海外も年3回のペースで行けている」

世の中には、30代で世帯年収2000万円の家庭もある。若くして大金を稼ぐ人々の生活感が気になる人も多いだろう。大阪府の30代男性は世帯年収2000万円。自身は専門コンサル系企業に勤務し、夫婦のみの2人世帯だ。キャリコネニュースに

「今の収入や生活には満足している。でも仕事が忙しすぎてアーリーリタイアをしたいから、投資で備えているところ。ただ、住宅ローンの返済もあるため、“現金貯金はゼロ”の状態が続いている」

という声を寄せている。今回は首都圏に住む、年収2000万円台の30代世帯の投稿を紹介する。(文:鹿賀大資)

「週末のショッピングや外食では、値段を気にせずに楽しめている」

IT・通信系の会社で働く男性は、埼玉の郊外に構える一軒家で妻と2人暮らし。世帯年収は2000万円だ。車も所有しており、今の生活に不満はない。ただ現在の年収を維持していくために「平日は趣味の時間を確保できない」というが、

「週末のショッピングや外食では、値段を気にせずに楽しめている。海外旅行も年に3回のペースで行けている。さらに、年間約800万円の貯金ができている状況」

と綴り、高年収世帯らしい贅沢な暮らしを楽しんでいるようだ。

「世帯年収が平均の4倍でも、平均より4倍良い暮らしをしているとは思わない」

「共働きで子ども3人の30代夫婦です」と語るのは、都内に住む世帯年収2000万円の女性。建売の一戸建て住宅を5000万円で購入し、月10万円ずつ返済している。月の手取りは約90万円、そのうち30万円程度を貯金などに回しているという。

「iDeCoや保険で積立型の投資もしています。預貯金のほか、保険などの金融資産を含めると合計1000万円くらいの蓄えがあり、生活に不自由はしていません。資産も順調に増えている状況です。子どもは、公立小学校と認可保育園に通わせています。毎月の学費や保育料は3人で3万円弱、それとは別に習い事代が月10万円です」

夫婦の小遣いは「それぞれ5万円。ショッピングや旅行も我慢しません。ブラックカードを使います」と付け加える。とはいえ、

「各種手当や医療費助成は対象外。それに扶養控除も認められないので、医療費や税金が結構な負担です。特に税金は、社会保険料も含めると収入の4割弱も引かれていますから」

と不満も隠せない。

ほかには、

「世帯年収が平均の4倍でも、平均より4倍良い暮らしをしているとは思わない。都内の誰もがうらやむ場所に一軒家を建てたが、所詮はミニマムサイズ。車も持っていない」(女性/IT・通信系/世帯年収2000万円)

という声も寄せられている。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」【募集】仕事を即行で辞めた人に関するアンケートを募集しています。

-----

【あわせて読みたい】
世帯年収1000万超の暮らし「レクサスは現金で一括購入」
年収800万円でも“子ども部屋おじさん”の40代男性
年収300万円の50代独身女性の叫び「政治家は底辺の生活を知らない」

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ