世帯年収400~600万円のリアル「家賃1万5000円の社宅だから生活ができています」「子どもがいたら外食の余裕なくなる」

「マンションのグレードも落とすことになる」という声も

「マンションのグレードも落とすことになる」という声も

平均世帯年収の552万円に近い「年収400~600万円世帯」は、現在の生活についてどう感じているのだろうか。青森県の50代男性(サービス系/世帯年収450万円)は「地方都市だから暮らしていけている」と明かしており、兵庫県の個人事業主の40代女性も、

「世帯年収600万円の夫婦。地方ですが、そこそこ都会の持ち家マンションに住んでいます。たまに外食をする程度で、生活は普通です。でもマイカーを持つとなれば、今の場所では駐車場代が高いため、郊外に移らないと厳しいでしょう」

という声を寄せている。女性いわく「子どもがいたら外食の余裕はなくなるし、マンションのグレードも落とすことになります」とのことだ。では、首都圏に住む子持ちの年収400~600万円世帯の生活状況はどうなのか。(文:鹿賀大資)

「神奈川の都心部なので家賃が高く、あまり貯蓄もできていない」