世帯年収1000~1200万円の生活感「10年おきに新車を一括購入」「氷河期世代で30代後半でやっと正社員に」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

世帯年収1000~1200万円の生活感「10年おきに新車を一括購入」「氷河期世代で30代後半でやっと正社員に」

「ちょっといい車を選べる」という

「ちょっといい車を選べる」という

世のビジネスパーソンにとって、1つの目標ラインといえる年収1000万円。昇給や転職などで、一気に大台の突破に成功した人もいるだろう。都内在住の20代男性は、IT・通信系企業に転職したことで、世帯年収が900万円から1200万円に跳ね上がった。キャリコネニュースに

「今までは無理と思っていたことが実現できるようになり、とても満足しています」

という声を寄せている。兵庫県の50代既婚女性(金融・保険系/世帯年収1000~1200万円)も「結婚や妊娠で同期が退職する中、歯を食いしばりながら頑張ってきてよかった」と打ち明ける。(文:鹿賀大資)

「これからは夫婦共に体が元気なうちに、趣味や旅行にお金を回せそうです」

「夫婦共働きで2人の育児をしながら頑張ってきた」と語る女性。子どもたちも成長し、現在は学費がかからなくなった。また来年には、一戸建てのローンも完済予定だという。

「ほぼ10年おきに新車を現金で一括購入しています。今までが節約を心がける生活だったので、贅沢をした感覚は一切ありません。これからは夫婦共に体が元気なうちに、趣味や旅行にお金を回せそうです」

「自分たちが苦労したので、若い世代にはもっとお金を稼げるようにしてあげるべき」

IT・通信系の会社に勤務する都内の40代女性も、今でこそ世帯年収1100万円だが、若い時は収入が低く「結婚式を挙げることができませんでした」と明かす。結婚当初の収入事情のほか、それほど子どもを望んでいなかったこともあり、現在も夫婦2人で暮らしている。

「就職氷河期世代の40代夫婦で、夫が年収600万円、私が年収500万円です。30代後半でやっと正社員になれて人並みの年収をもらえるようになったので、今さらながら年間200万円ほどのペースで貯金ができています。自分たちが苦労したので、若い世代にはもっとお金を稼げるようにしてあげるべきだと思っています」

現在の生活状況は「好きな時に好きなことができます。欲しいものも、それほど我慢せずに買えます」という。ただ「派手な使い方はしていない」という認識もあり「将来を考えると不安なので贅沢はできません。でも夫婦共に今の仕事が激務ではないので、現状には満足できています」ともコメントしている。

ほかにも、石川県の40代男性(商社系/世帯年収1000~1200万円)からは、

「スーパーでちょっといいものを選べるけど、基本的には節約。税金が高い。ちょっといい車を選べる」

と、シンプルだが的を射た声も寄せられている。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」「ウーバーイーツ配達員をしている人」に関するアンケートを募集しています。

—–

【あわせて読みたい】
世帯年収1000万超の暮らし「レクサスは現金で一括購入」
年収800万円でも“子ども部屋おじさん”の40代男性
年収300万円の50代独身女性の叫び「政治家は底辺の生活を知らない」

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ