世帯年収1000~1200万円「妻の収入は全額貯金」という家庭 「高級車には興味はなく贅沢はしません」などの声 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

世帯年収1000~1200万円「妻の収入は全額貯金」という家庭 「高級車には興味はなく贅沢はしません」などの声

「今後も現状のペースで貯金したい」と前向きな声

「今後も現状のペースで貯金したい」と前向きな声

世帯年収1000~1200万円のキャリコネニュース読者は、夫婦共働きが多いようだ。「世帯年収1000万円以上でも余裕がない」と言う人もいるなかで、「自身の収入のみで生活費を賄っている。妻の収入は全額貯蓄」(神奈川県/30代男性/流通・小売系)という声も目立つ。共働きでありながら、事実上1馬力で生計を立てていることになるが、その暮らしぶりはどのようなものなのだろうか。

今回は、世帯年収1000~1200万円で妻の収入を全額貯蓄に充てている人の回答を紹介する。(文:林加奈)

夫の収入だけで質素な暮らし

妻の収入を貯蓄に回している家庭の多くは、夫の収入だけでやりくりしているため、あまり贅沢をしないようだ。

「車にこだわりはないので高級車には乗っていません。毎月妻の手取り分30万円はたまっています」(岐阜県/50代男性/流通・小売系)
「コロナ禍で旅行や外食が減ったので、妻の収入はほぼ全額使わず、貯金となった。夫婦ともに物欲があまりないので、十分満足しています」(愛知県/30代女性/その他)

また、しっかりと貯蓄できているにもかかわらず、将来への不安を吐露する声もあった。DINKsの30代男性は

「妻の収入はすべて貯蓄しています。あまり贅沢はできませんが、好きなものを食べ、好きなものを購入することはできます。一方、マイホーム購入を考えると今後のローン返済や子どもの教育費などに不安があります」(静岡県/不動産・建設系)

と語り、今後も現状のままのペースで貯蓄できるかどうかが気がかりな様子だ。

「子どもが私立大学、毎年海外旅行。妻の収入をすべて貯金に回したことが本当によかった」

子育てにかかるお金のことを考えると「貯蓄のペースが下がるのでは?」と心配になってしまう人の不安を払拭する声も寄せられている。子どもを私立大学に通わせているという50代男性は次のように語る。

「地方に住んでいるため車は必需品ですが、高級車には興味がなく贅沢もしていません。自宅も持ち家ですし、生活面では全然不満な点はありません。最近は行けていませんが、子どもが小さい頃は10年連続で海外旅行に行っていました。子どもが私立大学に通っている今も、貯金を減らさず維持できています」

マイホームや車の所有、毎年の海外旅行は贅沢に思える人もいるだろう。それでも貯蓄ペースを維持できた理由として「妻の収入をすべて貯金に回したことが本当によかった」と男性は振り返る。さらに「コロナ禍で仕事に影響はあったものの、給料の減少はありません。今後も現状のペースで貯金したいです」とも綴っている。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」「お酒の失敗エピソード」などのアンケートを実施しています。

—–

【あわせて読みたい】
「妻が専業主婦になったのが痛い」世帯年収600~800万円の男性陣
世帯年収600~800万円のリアル「固定資産税の延滞金がサラ金より恐ろしかった」

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ