年収1000万円超世帯のリアル「服はユニクロ。ランチは1000円」「ふるさと納税も楽しめる」 | キャリコネニュース - Part 2
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

年収1000万円超世帯のリアル「服はユニクロ。ランチは1000円」「ふるさと納税も楽しめる」

石川県の40代前半女性(その他/正社員)は、世帯年収1100万円。夫と子ども2人と共に4人で慎ましく暮らしている。「普段は質素な生活です。外食はあまりしないけれど、行く時は多少高くても美味しいものを食べます」と暮らしぶりを明かす。女性は、

「コロナ禍になる前は、毎年飛行機の距離の旅行にも出かけていました。さほど我慢する必要もなく快適な暮らしです」

といい、平和な日々を送っているようだ。同じく年収1100万円で子ども2人を育てる40代前半男性(サービス系/正社員)も「食事に関しては我慢していない」と打ち明ける。しかし、

「所得税、住民税、自動車税、固定資産税など、税金が高すぎる。額面に対して、手取りが低い」

と不満も吐露している。

「ある程度お金を使っても困らないため、すぐに外食やタクシーに使ってしまう」

京都府の30代前半女性はサービス系の個人事業主だ。1人の子を持つシングルマザーで、年収は1200万円。女性は「毎日の晩酌や週1回の外食、家族旅行も楽しめる。贅沢とは言えないが、それなりのことはできる」と明かす。ただし悩みもあり、

「ある程度お金を使っても困らないため、すぐに外食やタクシーに使ってしまう。その結果、支出がすごい額になり貯金がままならない」

と付け加えた。

世帯年収1400万円の30代前半女性(神奈川県/IT・通信系/正社員)も「英会話やビジネススクールなどの自己投資にお金をかけられる。ただ財布が緩みがちで、思うように貯金できていない。今年からは少し節約しようと思っている」と自省。収入が多くても、必要に迫られなければ貯金は難しいのかもしれない。

ほかにも、

「ランチは1000円。服はユニクロ。車は国産。家は郊外の建売。満足の暮らしです」(東京都/40代後半男性/IT・通信系/正社員/世帯年収1200万円)

という声が寄せられている。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」自分の性別がマイナスになっていると感じたことなどのアンケートを募集しています。

—–

【あわせて読みたい】
世帯年収1300万円、30代男性の生活「持ち家を購入して以来、昼は弁当持参。週末の外食も1人1000円以下」
世帯年収400~600万円の生活「スーパーで半額惣菜、見切り品のお肉や野菜しか買えません」

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ