夏のボーナスに対する不満の声「コロナで19万円→12万円に。貯金が減っていってます」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

夏のボーナスに対する不満の声「コロナで19万円→12万円に。貯金が減っていってます」

落ち込む男性の写真

ボーナスこれっぽっちか……

会社勤めのサラリーマンの楽しみの一つといえば、ボーナスではないだろうか。会社の業績にもよるが、夏と冬の2回支給する会社も多くある。ボーナスを住宅や車などのローン返済に充てている人もいるだろう。

埼玉県の40代男性(事務職/年収500万円)は、「コロナ禍で出社制限があったため、その分給与も減り、ボーナス支給額も減りました」と嘆く。(文:中島雄太)

「売上が増えてボーナスも上がった」という声もあるが……

男性の昨年のボーナスは約19万円だったが、今年は12万円になった。

「子どもが小学生にあがるため、ずっと賃貸2LDKというわけにもいかないと思い、広い賃貸を探しました。でも見合う物件がなく、住宅ローンを組むのにも年齢的に厳しくなってきていたため、思い切って家を買いました」

頭金も入れ、ボーナス払いを使わなかったため「生活は特に苦しくない」と語るが、一方で「子どもの成長に合わせて支出も増えているのに収入が減り、貯金が減っていっています」と嘆いた。

神奈川県の50代男性(マーケティング/年収1100万円)は、男性は昨年170万円だったボーナスが、今年は190万円まで上がった。「ボーナスは増えたけど、控除金額や子供手当等が無くなり、更に住民税や所得税が著しく跳ね上った結果、実質的に手取り金は損してるので非常に困る」と述べた。

東京都の50代男性(コンサルタント/年収1100万円)は、「定額支給でおもしろくない」と語る。昨年は140万円支給され、今年も変わらず支給されるが、男性はそれで満足しない。「頑張っても怠けても金額は同じ。査定はあるがみんな横並びで差をつけない方針。仕事へのモチベーションは上がらない」と不満をこぼした。

東京都の40代女性(事務職/年収500万円)は、「売上が上がったので、ボーナスも上がりました」と喜びの声を述べた。昨年は53万円だったが、今年は55万円になっており、「金融機関ですがコロナ禍でもボーナスは全く減りませんでした」と続けた。使いみちとして「全額投資に回します」と語った。

「派遣社員なのでボーナスがなく、税金の支払いも厳しい」

ボーナスが増えたという声がある一方で、「ボーナスがなかった」という声も多く届いている。沖縄県の40代男性(サービス業/年収250万円)は、「派遣社員なので、ボーナスはありません」と嘆く。もしボーナスがあれば、支払いに回したいと考えているが、現状は「税金を支払うために、お金をかりないといけないのがキツいです」と語った。

東京都の40代男性(サービス業/年収250万円)は、「会社の売り上げがないから、仕入れにも事欠く始末」とコメントを寄せた。「ボーナスは経営者のポケットマネーから」と自慢していたが、金額としては一人一万円しかもらえず不満を述べた。

他にも、

「昔から弊社社長はケチで、儲かっていてもなかなかボーナスは払いません。なので、はじめから期待していません」(福島県/50代男性/営業/年収350万円)
「小企業のため、一般的な企業よりも遅く、0.5ヵ月以下の支給額です。出るだけましなのかとは思うが、少なすぎて何も出来ないです」(東京都/50代男性/ITエンジニア/年収500万円)

という声が寄せられた。

※キャリコネニュースでは引き続き夏のボーナスに関するアンケートを実施しています。その他のアンケートはこちらから。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ