世帯年収1300万円、独身男性の不安「今は貯金もできるが、家族を持ったら贅沢せずとも生活苦になりそう」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

世帯年収1300万円、独身男性の不安「今は貯金もできるが、家族を持ったら贅沢せずとも生活苦になりそう」

年収1000万円以上ってどんな生活…

年収1000万円以上ってどんな生活…

家族構成や居住地域に左右されるとはいえ、世帯年収1000万円を超えると、ごく一般的な水準の生活レベルなら無理なくキープできるイメージがある。同世帯年収のキャリコネニュース読者からは、

「特に贅沢はせず、質素な暮らし。共働きなので自炊が少なく、食事の栄養バランスが偏ってしまうのが悩み」(北海道/40代前半男性/金融・保険系/正社員/世帯年収1400万円)

「コロナ禍での収入減は今のところありませんが、これからはわかりません。外食やレジャーにかかる費用がほぼゼロになったので、家計が抑えられています。その分、多少はコストアップするけどネットスーパーを利用中」(神奈川県/40代前半女性/メーカー系/正社員/世帯年収1300万円)

という声が寄せられている。今回は、世帯年収1000万円以上の人たちのリアルな生活感を紹介する。(文:福岡ちはや)

「金銭面で生活に困ることは一切ない」

千葉県の30代後半男性は金融関係の会社に勤めており、年収1300万円。独身貴族を謳歌しているが、

「税金が高すぎる。今は好きなものが買えるし貯金もできるが、家族を持ったら贅沢せずとも生活苦になりそう」

と懸念する。しかし子どもがいないうちは、あまり生活苦の心配はなさそうだ。大阪府の30代後半男性は既婚者だが、まだ子どもがおらず、

「家賃格安の社宅に住めていることが大きい。金銭面で生活に困ることは一切ない」(大阪府//金融・保険系/正社員/年収1100万円)

と打ち明けた。子どもができたときに備え、若いうちに資産を蓄えておくと、少しは安心できるかもしれない。

「遊びに金を使わないので、衣食にはそれほど我慢せず使える」

では、子持ち世帯の生活感はどうだろうか。都内の40代後半男性は、流通・小売関係の会社の正社員で、世帯年収1300万円。子どもが1人いるが、

「遊びに金を使わないので、衣食にはそれほど我慢せず使える。公共交通機関の便のよいところに住んでいるので、住居費は高いがマイカーがいらない。かかるのは子どもの教育費程度」

と明かした。車を持っていないことが、ゆとりある生活水準の実現につながっているのだろう。

ほかの世帯年収1000万円以上のキャリコネニュース読者からは、

「値段を気にせず買い物ができる。タクシーに躊躇なく乗れる」(北海道/40代前半男性/金融・保険系/正社員/世帯年収1400万円)

「年収が減っても生きていけるよう、考えた生活をしている」(福岡県/30代前半女性/その他/正社員/世帯年収1100万円)

という声が寄せられた。将来にまったく不安がないわけではないものの、現状の生活には困らないのが世帯年収1000万円以上のリアルのようだ。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」あなたの職場のサイコパスなどのアンケートを実施しています。

※アンケート概要
■実施期間
2020年10月26日~
■回答数
1792 ※7月26日時点
■アンケート対象
キャリコネメルマガ会員(63万人)やキャリコネニュース読者、キャリコネニュースSNSフォロワー
■実施方法
アンケート集計ツール「クエスタント」を使用
回答ページ https://questant.jp/q/6FE3D7NZ
■質問項目
・現在の世帯年収でどのような生活を送っていますか? 満足している点、不満な点、エピソードを教えてください。

—–

【あわせて読みたい】
世帯年収550万円の30代女性「夫は一日1箱のタバコと、500ml 缶3本分のアルコールは減らせないとのこと。私は食費も削ってるのに」
世帯年収1800~2000万円のリアル「普段はユニクロ、2~3年は同じものを着てる。車は530万円で中古車を一括購入」

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ