世帯年収1300万円男性の、徹底した家計管理術「格安スマホ変更、火災保険以外解約、サブスク見直し」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

世帯年収1300万円男性の、徹底した家計管理術「格安スマホ変更、火災保険以外解約、サブスク見直し」

家計簿イメージ

画像はイメージ

世帯年収に関係なく、限られた収入でやりくりするのはなかなか難しいものだ。しかし、なかには驚くほど家計管理能力が高い人もいる。キャリコネニュース読者から寄せられた家計管理術を紹介する。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは世帯年収に関するアンケートを実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/6FE3D7NZ

「妻が産休に入ったシミュレーションをし、いくら貯めれるかを計算してます」

都内の30代後半の男性(金融・保険系/正社員)は世帯年収1300万円。現在の収入について、

「給料額には満足してますが、税金が急に高くなるので支給額と手取り額に落差があります。各種手当も受けられないため、家計管理能力がないと老後不安がつきまとうと思います」

と綴る。そのため男性は、将来に備え、ハイペースな積立投資や貯金に勤しんでいる。

「iDeco(個人型確定拠出年金)、企業型DC(企業型確定拠出年金)、つみたてNISA2人分はほぼ満額積立。高配当ETFへの積立も。総額で毎月30万円積立をしてます。それ以外にも貯金は毎月10万円以上行ってます」

男性は金融関係の仕事をしているだけあって、家計管理やライフプランの見通しも徹底している。

「来年子どもが産まれるので、妻が産休に入ったシミュレーションをし、いくら貯めれるかを計算してます。保育料も高いため、来年以降は毎月の貯金額が大幅に減ることを想定してます」

「家は現在23区。交通の便がよい場所で職場まで20分で(電車で)座って行けるので満足してますが、子どもが小学生に上がるタイミングで郊外の賃貸に引越し家賃を下げる予定です。 無駄な支出をしないよう格安スマホ変更、火災保険以外解約、サブスク見直しを妻と結婚する前に徹底したのがよかったと思います」


「買い物は業務スーパーかOKストアがメインで、無駄な買い物をしないようメモ書きしたものを購入することを徹底。車も必要性がないので保有しない。服はユニクロか、ポイントが高くなる楽天スーパーセールで購入し、不要になったらメルカリで売ってます」

また仕事とプライベートのバランスについては、次のように語っていた。

「仕事は管理職になり忙しく働いてますが、在宅勤務も増え、周りの人に仕事を振ることも増え余裕が出てきました。残業時間は減らす方針のため月10時間程度。ただし社外セミナーや管理職研修が多くなり、資格試験を受験必須のため、プライベートの時間の半分は勉強しています」

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ