世帯年収1800万の夫婦「ランチ代は500円。たまの贅沢は予算3万円で外食。税金が高く国の補助もないから生活は質素」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

世帯年収1800万の夫婦「ランチ代は500円。たまの贅沢は予算3万円で外食。税金が高く国の補助もないから生活は質素」

家族で年に数回の外食が唯一の贅沢?

家族で年に数回の外食が唯一の贅沢?

不動産情報口コミサイト「マンションコミュニティ」には、世帯年収別のスレッドが複数ある。今回はその中の「世帯年収1500万~2000万の生活感」というスレッドに寄せられた投稿を見ていこう。世帯年収2000万円という30代前半の夫婦は、

「5歳以下の3人の子どもを抱えています。車は2台ありますが、購入したのは両親です。ちなみにマイホーム、家具や家電も両親に購入してもらいました。両親の世帯年収は4000万円。援助が大きいです」

といった声を寄せている。それだけの年収を得ていても、親の力を借りる人はいるようだ。親に頼らざるを得ない何か特別な事情がありそうだが、それは明かしていない。(文:鹿賀大資)

「世帯年収3000万円はないと、ゆとりのある生活は難しい」

地方在住の30代後半夫婦は、共働きで世帯年収1600万円。2人とも会社員で、夫が年収1000万円、妻が年収600万円だという。また2人の間には、小学生の子どもが2人いる。

「物価が安いので、東京近隣と比べると非常に余裕のある生活が出来ています。スーパーで値段を気にせずに買い物ができ、子どもがやりたいと言う習い事もさせてあげられます。あとは住宅ローンが気にならない程度ですが、最近はヘソクリを使って株で遊べるくらいの余裕も出てきましたね」

それでも「1500万円くらいの年収では、まったくお金持ちとは言えません」と綴っている。

世帯年収1900万円の40代半ばの男性は「生活はとても質素です」という。夫婦ともに会社員として、夫が年収700万円、妻が年収1200万円を得ている。子どもは2人いて、それぞれ公立の中学校と小学校に通う。3500万円の持ち家を一括購入し、約4500万円もの資産を有する。2台の国産車を所有しており、中古の軽自動車と新車の普通車だという。

「今後の教育費や老後のこと、さらに将来の日本の財務状況を考えると頭が痛いです。外食は株主優待券を利用し、ファミレスなどに週に1回程度。家での料理は、基本的に手作りです。周りからは冗談半分で『セレブ』と言われますが、私や子どもの服はフリマサイトなどで購入しています」

男性は「おそらく日本では世帯年収3000万円はないと、ゆとりのある生活は難しいと思います」と書いている。

家賃16万円の賃貸住宅に暮らしながら「毎月70万円の貯金」

埼玉県在住の40代前後の夫婦も「好きに使えると感じられるのは、やはり世帯年収3000万円以上からではないかと感じます」という。そんな夫婦の世帯年収は、自営業を中心に1800万円。夫の年収が800万円、妻の年収が1000万円だ。私立高校に通う娘が1人いて、3人で家賃16万円の賃貸住宅に暮らしているという。

「自営のため退職金の積み立ても兼ねて、月初に70万円を貯金。残った分で生活しています。税金も高く国からの補助もないので、裕福だと感じるような生活はしていません。とはいえ不安を感じるようなこともありません」

日常については「ポイント貯めるために同じ薬局で買い物をします。外食で使う金額もランチ代の500円程度です」という。また「たまの贅沢といえば、年に3~4回ほど家族で3万円くらいの寿司や焼肉などを食べにいくことです」とのことだ。

※キャリコネニュースでは「年収1000万円以上で激務の人」「今の月収に満足していますか?」に関するアンケートを募集しています。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ