東京五輪の開催に反発の声「アスリートファーストを履き違えている」「期間中に緊急事態宣言出して」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

東京五輪の開催に反発の声「アスリートファーストを履き違えている」「期間中に緊急事態宣言出して」

東京五輪どうなる?

東京五輪どうなる?

開催まであと1ヶ月に迫った東京五輪。キャリコネニュースにも開催の是非を問う声が多数寄せられている。

茨城県の50代女性は、「コロナウイルス感染者数が多く、新たなコロナウイルスに感染している人も出ている状況の中で五輪はおこなうものでは無いと思います」とコメントを寄せた。(文:中島雄太)

「どれだけの学生たちが頑張ってきたスポーツの大会が中止になったのだろうか」

開催するとしても、安心安全を謳うならば「無観客での開催、パブリックビューイングの完全廃止は欠かせません」と主張。その上で、

「五輪開催中は日本全体に緊急事態宣言を出し、外出自粛にすることが出来るのならオリ開催もありなのではないかと思う」

とも語った。徹底して感染対策を行うならまだOKということのようだ。さらに、開催に反対する理由として、「どれだけの学生たちが頑張ってやってきたスポーツの大会が無くなり、悲しい思いをしてきたと思っているのだろう」ということを挙げていた。

千葉県の50代男性は、これまでに何度もスポーツの大会を実施運営した経験を持つ。「『五輪開催はアスリートのためだ』と政治家や、組織委員会でも言う人がいますが信用できません」と語り、この発言に対する不信感を募らせる。

「アスリートファーストとは、大会が開催されているときにアスリートが最高のパフォーマンスを発揮できるよう配慮することです。アスリートのためにコロナ禍で人命を無視してまで、無理に大会を開催することでは無いと感じています」

「他のイベントやスポーツ競技は中止なのに、なぜ五倫は開催できるのか」

福岡県の50代女性も「他のイベントやスポーツ競技等がことごとく中止になる中で、五輪だけが特別扱いを受け開催される意味がわからない」と憤る。

ようやく減りつつある新型コロナウイルスの患者数が、開催によって爆発的に増えることを危惧しながら、「五輪に関わる人を信用できなくなりました」と続けた。

東京都の50代女性も開催中止論者だ。「人流を抑えるために学校の行事中止や飲食店やテーマパークなどへの休業や時短営業、仕事はリモートでなどと言っているのに、五輪だけ特別扱いなのが納得できません」と理由を述べた。

「医療現場や医療従事者の方たちの大変さを考えているのかどうかが気になります」とも語り、五輪のために国民が蔑ろにされていることを嘆いている。

※キャリコネニュースでは引き続き東京五輪、開催するべき? 中止するべき?のほか「夏のボーナスいくらですか?」オンライン会議中のとんでもないエピソードなどのアンケートを実施しています。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ